2021年1月20日 (水)

米国は傷を癒せるか

日経CNBCテレビ『日経ヴェリタストーク』に出演しました(昨晩9時30分)。

  Veritas_20210119162601

『こちら』でご覧いただけます。

  Veritas1

| | コメント (0)

2021年1月17日 (日)

アウトライヤーなのか?

アウトライヤー(outlier)とは、統計学でいう「外れ値(はずれち)」。

他の値から大きく外れた値のことを言う。

先週金曜日、Barron's に

『ジェレミー・グランサム氏のバブルに関する予想はアウトライヤーだ。さて彼は正しいのだろうか』

(Jeremy Grantham’s Bubble Forecast Is an Outlier. Is He Right?)

と題する記事が掲載された(全文は『こちら』)。

この記事の著者、Jack Hough氏は言う。

「グランサム氏の『現在はバブル。まもなく破裂する』との見解は、outlier だ」。

「アナリストの多数は、UBS の Keith Parker 氏(chief U.S. stock strategist)のように

『株価は今年の前半で更に 5% 程度上がる』

と考えている」。

* * *         

しかしジェレミー・グランサム氏と言えば、

(1)1980年代末期の日本のバブルとその崩壊を事前に指摘

(2)2000年のITバブル崩壊を予想

(3)2008年のリーマンショックについても事前に警鐘を鳴らした

として知られている。

とくに1980年代後半、当時の日本株は株価収益率(PE Ratio)で65倍以上にも達した。

これはおかしいと考えた彼のファンドは、日本株をいっさい組み入れなかった。

実は、彼が日本株バブルを指摘した後も、しばらくは日本株バブルが続いた。

このため、彼のファンドは、他のファンドに比べて、3年間、運用成績が劣後した。

しかし89年末をピークにして、90年初頭から日本株のバブルが崩壊し始める。

結果的に彼のファンドは、投資家に大きなメリットをもたらした。

これは今でも語られる有名な話だ。

* * *         

ところで、今回の Barron's の記事は、グランサム氏による今月5日付け寄稿文を受けて書かれたもの。

「 WAITING FOR THE LAST DANCE」

(最後のダンスが近づいている)

と題する寄稿文だ(全文は『こちら』)。

この中で、グランサム氏は、自身がテスラ車に乗っていることに触れながら、

テスラ車の販売台数1台あたりのテスラ時価総額(つまり『テスラの時価総額』を『テスラの年間販売台数』で割った数字)は

125万ドル(1億2900万円)になると指摘。

ちなみにGMの場合は、この数字は9000ドル(93万円)に過ぎないという。

* * *

さて、マーケットの参加者たちはグランサム氏の警鐘をどこまで受け入れるか。

現在ダウの株価収益率(PE Ratio)は25倍。

S&PのPE は、24倍(『こちら』)。

ちなみに日経平均の PE は26倍。

東証一部、28倍(『こちら』)。

株価収益率(PE Ratio)については、歴史的に見て、平均的には14倍程度だったと教えられてきている。

しかし最近の超低金利下では旧来の常識は通じず、20倍を超えることも正当化されてきている。

* * *

バブルの時にはアナリストたちは、何が起きても自分たちの好都合に解釈する。

たとえば、ジョージア州の上院議員投票(1月5日)で、2議席を1対1で共和党、民主党で分け合ったら、共和党が上院の過半を占める。

当初は、その方が株式市場にはプラスに働くと言われていた。

ところが、投票の結果は2議席とも民主党が獲得。

結果、上院は総勢で50対50となり、議案採決に際し可否同数の場合には、議長(=副大統領)が決裁票を投じることになった。

つまり上院でも民主が実質的に過半を占めることになったのだが、このことが判明すると、株価は(当初予想に反して)もう一段上昇した。

グランサム氏は日経ヴェリタス紙(本日付)のインタビューで次のように述べている。

『バブルの本質は究極のプラス思考だ。・・(ジョージアの件では)市場参加者は民主勝利によるネガティブな面を気にしなくなり、ポジティブな面を強調するコメントであふれた』。

グランサム氏の言うように、いまがラストダンスを待っている状況ならば、ダンスが始まるのを待って、一緒になってダンスを踊り、それが終わる直前に全株売却するのが得策だ。

問題は、そうした神わざ的トレードは一般人には出来ないことだ。

19日(火曜日)の市場があまり動かなかったとした場合、大統領選の投票日(11月3日)から大統領の就任日(1月20日)まで株価(S&P500)は13%上がったことになる。

これは1952年以来、最大の上昇率となる。

それまでの記録はJFK(ケネディ大統領)の8.8%だった(『こちら』)。

| | コメント (0)

2021年1月11日 (月)

ホロドモール

ホロドモール。

ウクライナ語で「飢饉(ホロド)」で「苦死(モール)」させることを意味するらしい。

1932年から1933年にかけてウクライナでおきた「人為的な」大飢饉のことで、諸説あるが3百万人から12百万人が死んだという(多数説は3.5百万人)。

「人為的な」というところがポイントで、当時のソ連(スターリン)にとってウクライナの小麦は貴重な外貨獲得手段であった為、厳しい食料徴発が行われた。

また飢餓が発生しても、それを覆い隠し、外に支援を求めることを一切しなかった。

国内パスポート制が導入され、農民達は農奴さながらに村や集団農場に縛り付けられた。

当時、このホロドモールを報じたのが英国人ジャーナリストの Gareth Jones で、このときの様子が映画化されている。

『赤い闇』(原題:Mr. Jones)という映画で、昨年8月に公開された。

ただコロナ禍で映画館に行く気になれず、DVD化されるのを待っていて、ようやく昨晩これを観た。

 映画では『動物農場』を書くジョージ オーウェルが冒頭はじめ何箇所で出てくる(映画の最初では何のことか分からなかった)。

静かで淡々と映像を重ねていくことで物語を構築していく手法で、カメラワークにも工夫が凝らされ、良く出来た映画だと思った。

* * *

実は、私は1979年に米国でアレンジされたバスツアーに参加し、当時のソ連をヴィボルグ、レニングラード、ノヴゴロド、カリーニン、モスクワ、スモレンスク、ミンスク、ブレストと旅したことがある。

   Photo_20210111000101

広大な大地に圧倒されたが、当時のソ連は、モスクワ、レニングラード、スモレンスクなどの都市を一歩出れば、一変して、貧しく、人々の暮らしぶりはたいへんそうだった。

何時間もバスで移動したのだが、トイレ休憩の場所は無く、バスを停めて、男性は道路の右側、女性は左側といった具合に分かれて、草むらで用足しした。

ホテルでは各階に監視の人がいて、我々宿泊客が食事などで部屋を出ている際に、誰か(恐らくは監視の人)が部屋の中に入り、荷物を全部チェックされた。

米国人ガイドはツアー客に対して、前もってソ連に入る前に「聖書を持参するな。持ってきた人は置いていくように」と注意していた。

今ではもちろん状況は全く違ったものになっているのだろう。

ソ連ではなく、もはやロシアになって久しいのだから。

それでも・・

2014年にはウクライナ騒乱が起き、ロシアによるクリミア半島併合が行われたりしている。

映画を観終わって、ジョージ オーウェルの『動物農場』『一九八四年』を読んでみようと思った。

| | コメント (0)

2021年1月 3日 (日)

ノールールズ

ネットフリックスは恐ろしい会社だ。

その快進撃ぶりは競合他社にとって脅威でしかない。

株価は上場後18年間で446倍になった。

100万円を投資していれば4億円を超えている。

同じ期間に例えば日テレの株価は▲65%減少している。

しかしそんなことはどうでもいい。

何よりも恐ろしいのはそのカルチャーだ。

ネットフリックスでは最高の人材を採用する。

そこまでは問題ない。

どの会社でもそういったことを謳う。

問題はその次。

圧倒的な成果を挙げられなければ、社員はじゅうぶんな退職金を与えられて捨てられる。

こうしたことを公言してはばからない。

もう一つ。

社員の休暇日数を指定しない。

「休暇日数を指定しない」って、そんなことを公言すれば誰も休暇を取ろうとしなくなるではないか。

ブラック企業のように休暇が取りにくくなるのではないか。

しかしそれがそうでもないらしい。

2018年の調査ではネットフリックスはグーグル(2位)を上回り、最も働きたい会社に選ばれた。

実際、日本の優秀なITエンジニアの間でもネットフリックスに移る動きが見られるらしい。

全米4万5000社で働く500万人以上を対象に行われた調査では、ネットフリックスは社員の幸福度ランキングで第2位に選ばれている。

休暇規程がないばかりか、ネットフリックスには経費規程、出張規程もない。

こうしたことをネット上で公開している「ネットフリックス・カルチャー・デック」と呼ばれる127枚のスライドのうちの1枚には

「服装規程もないが、誰も裸で出社しない」とも書かれている。

たしかに優秀な人材で組織をつくれば、コントロールの大部分は不要になる。

しかしネットフリックスのカルチャーはこれまでのマネジメントの常識を根底から覆すものだ。

詳しくはネットフリックスのCEOとINSEADの教授が共同で著した『NO RULES(ノー・ルールズ)』という著書に記されているが、これを読むとまさに頭をハンマーで殴られたような衝撃。

  41xwg2q2tvl_sx347_bo1204203200_

自分が如何に古い人間であったのかが痛感させられる。

実はネットフリックスについては、これまでいろいろなところで話を聞いてきた。

たとえばテレビのリモコン。

最近のテレビのリモコンはどれも目立つ位置にネットフリックスのボタンがついている。

これはネットフリックスがリモコン製造コストのかなりの部分を負担するから、自社に作らせてくれと話を持ち掛けた結果なのだとか。

しかしこうした幾つかの逸話よりも衝撃的な内容がこの本に綴られている。

・ルールが必要になる社員は雇わない

・承認プロセスは全廃

・社員全員にヘッドハンターからの電話はぜひ受けて欲しいと訴える(実際にヘッドハンターのリストも社員に渡す)

・社員に対しては成果連動型ボーナスの制度を使わない。その原資があれば最初から給与に上乗せする

こうしたカルチャーを構築していかないと超優秀な人材確保の競争に敗れてしまう。

そこまで米国のIT企業はシビアな競争にさらされているのだ。

| | コメント (0)

2021年1月 2日 (土)

ランティエ

先日ご紹介した日経ヴェリタス(1月3日付)寄稿記事ですが、一足早く日経新聞(電子版)に掲載されています。

『こちら』です。

  Sherlock_holmes_portrait_paget

(なお画像はシドニー・パジェットの描いたホームズの肖像(1904年))

 

| | コメント (0)

2021年1月 1日 (金)

明けましておめでとうございます

Man-milking-cow

      Man milking cow ; Egyptian Museum, Cairo 

| | コメント (0)

2020年12月30日 (水)

ゴリオ爺さん

日経ヴェリタス紙に5週間に1回の割合で寄稿しています。

毎回、記事を編集者に送る度に「さて次は何を書こうか」と悩み始めます。

今回(1月3日掲載分)は6年前に流行ったピケティの『21世紀の資本』を取り上げました。

切っ掛けとなったのは1本の映画です。

ピケティが監督した映画『21世紀の資本』

今年5月公開の映画なのですがコロナ禍で映画館に行く気になれず、11月にアマゾン・プライムでレンタル。

映画にはさほど感銘を受けませんでしたが、もう一度きちんと本を読んでみようと思い、分厚い(608頁!)本の頁をめくり始めたところ、これがたいへんに面白い。

6年前にサラッとこの本を読んだだけの人には、是非もう一度手に取られることをお勧めします。

話は脱線しますが、今回記事を書く上では翻訳本だけでは納得がいかず英語版も読みました。

たとえば翻訳本ではランティエのことを「不労所得生活者」と訳しています。

しかしこれはちょっとしっくりときません。

評論家の川本三郎は、澁澤龍彦の文学を論じ、

『澁澤が筆一本のもの書きだったのは彼が「ランティエ」だったからである』、『澁澤の文学には「余裕」がある』と評しました。

いわく、

『澁澤龍彦はこの「ランティエ」ではなかったかといいたいのである。(中略)「ランティエ」とは、磯田光一にならって「精神の貴族主義」ということも可能だろう』(雑誌『鳩よ!』1992年 4月号)。

川本三郎はランティエのことを「高等遊民」と意訳していますが、「不労所得生活者」という言葉からはそうした意味合いが感じ取れません。

ところで、話が再び変わって恐縮なのですが、

ピケティの『21世紀の資本』にはバルザックの『ゴリオ爺さん』の話も何度も出てきます。

調べてみると、『ゴリオ爺さん』は『世界の十大小説』(サマセット・モーム)にも選ばれた小説。

これを機会に『ゴリオ爺さん』も読んでみましたが、これまた面白い!

ピケティは、(私の勝手な解釈ですが)気を付けていないといずれ『ゴリオ爺さん』の時代に戻るということを言いたかったのかもしれません。 

『ゴリオ爺さん』の舞台は1819年のパリ。

ユーゴーの『レ・ミゼラブル』とほぼ同じ時期です。

この時代のフランスですが、ルイ18世・シャルル10世の復古王政時代を経て、七月革命後のルイ・フィリップ王の七月王政時代へと続いていくのですが・・。

| | コメント (0)

2020年12月27日 (日)

最近読んだ本

最近読んだ本の感想

【1】財務省人事が日本を決める

人事の話は会社員であれば誰でも興味あるもの。

本書は、日本でいちばん権力を握ると言われてきた財務省の人事を綴るものだから、一気に読めてしまう。

しかし読後の後味は良くない。

日本の中枢にある組織の人事システムが昭和の時代のままである結果、財務省という「組織」は、防衛できたであろう。

自分たちの庭先は綺麗に維持できたーつまり自分たちのロジックで固めることが出来て、キャリア官僚にとっては働きやすい職場を維持できた。

しかし、その反面、どうだろう。

日本の「一人当たり名目GDP」(IMF統計)は、2000年の世界第2位から2019年の第25位まで、崖を転げ落ちるように落下してしまった。

ちなみに「一人当たり購買力平価GDP」(IMF統計)はもっと悲惨で33位。

韓国(30位)にも抜かれている。

もちろんこれは財務省だけのせいではない。

むしろ財務省はその一端の責任を担うに過ぎないのだろう。

しかしはたして財務省は「長期的に経済を成長させていく」という視点で予算配分や税制改革に取り組んできたのかどうか。

財務省は人事制度として、大学時に受けた国家試験の成績をずっと引きずるシステムとか、入省年次に拘った人事システムを踏襲してきている。

民間では大企業でさえ年次をどんどん飛び越えた抜擢が行われている。

それをしなければ世界で繰り広げられる大競争に生き残っていけないからだ。

一人当たりGDPが他国に抜かれていってしまったということは、結局、日本が他の先進国との間で繰り広げられる「経済的豊かさを求める競争」に負けてしまったということだろう。

ネットが拡充し、すべてがデータベース化されつつあり、世の中がもの凄い勢いで変化している時に、昭和の時代の人事制度で立ち向かえるはずがない。

組織として、消費税率20~30%程度を目指していると言うが、その時の一人当たりGDPは幾らであって、出生率は幾らであると想定しているのか。

目指すべき世界の具体的ビジョンなきまま、消費税増税という1点の目標にのみ向かって盲進すれば国民はますます不幸になる。

たいへん良く書けた本ではあったが、こういった書籍が出るのは昭和の時代で最後にして欲しかった。

【2】ブランディングデザインの教科書

本書には著者が直接かかわった案件が数多く登場する。

意地悪な見方をすれば「本書はもしかして著者の会社のPR」と思えてしまうかもしれない。

しかし、読み進むうちに、著者の「日本を良くしたい」「元気にしたい」という熱い思いが伝わってきて、そうした疑念も払拭されてしまう。

本書を読みながら、もう数十年も前の話、具体的には1980年~81年の頃を思い出した。

当時私はスタンフォードのビジネススクールを卒業し、興銀本店の外国部に戻り、海外広報・広告を担当していた。

海外部門担当のK常務は海外広報・広告に力を入れており、部長や副部長の介在を許さない。

班長や我々担当者に対し、自ら「君たちは直轄地だから」と言って、素案の段階から直接K常務に上げるように指示を出していた。

アニュアルレポートの表紙をどうするか、海外の新聞、雑誌に出す広告デザインをどうするか・・。

K常務の部屋で長い時間、頻繁に議論したのを思い出した。

あるとき、広告代理店(日本の最大手)が、アジアの農村地帯における開発金融に焦点をあてた広告の案を持ってきた。

担当者としては、この案がK常務に却下されるのは目に見えていたが、常務に上げない訳にはいかない(そう指示されていたので)。

そして、案の定、K常務は「俺たちはモルガンだとかドイチェバンクなどの欧米の銀行を相手に必死で頑張っている。欧米の一角に食い込もうとしているんだ。今の段階でアジアの農村を強調するわけにはいかない」。

1980~81年なので当時はまだバブルの前。

興銀はThe Industrial Bank of Japan, Ltd. を略したIBJの呼称で呼ばれていたが、そのロゴを決めたのも、この時代だった。

当時、私は「IBJのロゴをデザインするに際し、ソール・バス(Saul Bass)を起用したらどうか」と提案したのだが、残念ながら受け入れられなかった。

しかしその後もずっとソール・バスならばどうデザインしただろうかと思い続けた。

言うまでもなく、デザインは会社の経営にも影響を及ぼす・・。

さて、話を本書に戻そう。

本書にはいろいろな例が出てきて、その一つひとつが勉強になる。

とくに私には「い・ろ・は・す」の話が面白かった。

まず、最初に「い・ろ・は・す」に見たときに私も感じた「何、その名前?」という印象。

そして、ペコペコの薄いペットボトル。

「南アルプスの天然水」といったような採水地のPRもいっさいない。

それでいて、不思議と「い・ろ・は・す」を買ってしまっている自分がいる。

この辺のところを、ブランディングデザインの専門家である著者は見事に説明している。

| | コメント (0)

2020年12月26日 (土)

ボクシング・デー

今日はボクシング・デー(Boxing Day)。

スポーツのボクシングとは関係ありません(詳しくは『こちら』)。

英国などでは、servants や butler、あるいは、郵便屋さん、アマゾンの配達人、マンションの管理人などに、

クリスマス・ボックスを手渡すなどして、日ごろの感謝の気持ちを示したりしているようです。

    Christmas-box

 

| | コメント (0)

2020年12月25日 (金)

丸の内の景色

興銀のビルが建て壊されるとき、ウォールストリート・ジャーナル紙が記事にして、動画をアップしたりしました。

今でもその動画をご覧になれます(『こちら』)。

  Ibj

建築家、村野藤吾氏の熟練期83歳の力作(『こちら』)。

その興銀ビルと、銀行会館、東京銀行協会ビルの3棟一体建て替えが先月完了。

みずほ丸の内タワー・丸の内テラス・銀行会館になって生まれ変わっています。

下の写真は永代通りからの眺め(手前が丸の内テラス、後ろがみずほ丸の内タワー)。

  Ibj_20201223170101

次の写真は丸の内テラス。左側奥がみずほ丸の内タワー。

  Ibj2

最後の写真は、みずほ丸の内タワー。

      Ibj3

私の個人的感想ですが、丸の内のビルは、どれも似たように感じられます。

昔の興銀ビルのような個性ある建物が少なくなってしまいました。

| | コメント (0)

2020年12月20日 (日)

ソーラーカー

太陽光で走るソーラーカーが次々に登場しています。

ドイツのスタートアップ企業Sono社の「Sion」。

太陽光のみで1日最大34km(晴天時)の走行が可能なのだとか。

もっと凄いのが、米国カリフォルニア州(サンディエゴ郊外)のスタートアップ企業 Aptera Motors の「Aptera」。 

太陽光のみで1日に72km走行できるとのことですが、それだけではありません。

フル充電時の航続距離は約1610kmにも及ぶとのこと。 

  Aptera

東京から博多に行って(1094km)、そのまま折り返して、大阪まで戻ってくる(613km)ことも可能。

フル充電した後に太陽光で走り続ければ、充電不要で相当長い日数走ることが出来そうです。

ゼロから60mph(約97km/h)に到達する時間は3.5秒。

最高速度は時速177キロ。

写真のようにユニークな形状をしています(写真で左側が前方)。

価格は300万円~。

来年納車のスケジュールで予約受付中だったのですが、

一部の車種はすでに sold out の状況。

ご関心のある方は、『こちら』の動画をどうぞ。

わずか53秒の動画です。

なお Aptera Motors 社ですが、2005年に設立されたのですが、2011年に清算に追い込まれています。

多分、「時代が追い付いてこれなかった」ということなのでしょう。

創業者たちはクラウドファンディングの力も借りて、2019年に会社を再出発させ、 "Never Charge" EV の上記「Aptera」の販売に辿りつきました。

「失敗しても立ち上がる」ところがアメリカらしいですね。

| | コメント (0)

2020年12月13日 (日)

電気自動車、燃料電池車、ダウンサイジング・ターボ車

先週ご紹介した燃料電池車の新型MIRAIは、初代に比べて随分と良いクルマになったと思います。

しかしいざ購入するとなると、ネックは2つ。

値段(710万円~)がまだ高い。

加速性能がイマイチ(0→100km/hが9秒台;『こちら』)。

対する電気自動車のテスラは、モデル3(パフォーマンス・グレード)が、

値段717万円とMIRAIとほぼ同じなのですが、

0→100km/hが3.3秒。

やはり燃料電池車は、加速という点では、電気自動車にかないません。

ちなみにガソリン車のフェラーリ488ピスタは、0→100km/hが2.8秒。

しかし価格が4000万円を超えてしまいます。

これに対して、加速性能という点だけで見るならば、テスラのモデルS(パフォーマンス・グレード)は価格1200万円で、

0→100km/hが2.5秒。

フェラーリを超える加速性能になっています。 

もちろんレーサーでもない限り加速性能をそこまで極める必要はないのですが、

ヨーロッパではクルマの走りを気にする人も多く、新型MIRAIの加速性能は、燃料電池車が普及する上でネックになるかもしれません。

ところでヨーロッパと言えば(電気自動車も数多く発表されていますが、同時に)、ダウンサイジング・ターボの掛け声とともに、ガソリンエンジンのダウンサイジングもかなり進んでいます。

先日発表となったメルセデスのEクラス。

ドイツでタクシーに乗ると、メルセデスのEクラスである場合が多いのですが、Eクラスはサイズ的にもトヨタのクラウンを少しだけ上回る大きさです。

このメルセデスEクラス(E200)のエンジンが1.5リッターしかありません。

しかしターボの採用で、最大トルクはNA(Natural/Normal Aspiration;自然吸気)なら2.8リッター相当の280N・m。 

さらにスターターとジェネレーターを兼ねるBSGのモーターが160N・mの動力アシストを提供。

ちなみに価格は769万円~。

トヨタのクラウン(489万円~)に比べれば、やはりかなり高めになっています。

それにしてもクラウンを若干上回る大きさのメルセデスEクラス。

このエンジンが、カローラ(排気量1.8リッター)よりも小さい排気量1.5リッターとは・・!

それだけ環境負荷も小さい訳で、改めてダウンサイジング・ターボの進化に驚かされます。

 

| | コメント (0)

«テスラがトヨタを買収する日