« 何もしない日々 | トップページ | 別冊宝島 »

2005年11月 1日 (火)

ガーデニング期間

『何もしない日々』について昨日書きましたが、ヘッドハントされて、Aという投資銀行から、Bという投資銀行に移る際、強制的に、何もしない日々を送らされます。

A社を退社する際、通常、1ヶ月の事前通知が必要になります。

すると、A社からは、次のように告げられます。

『分かりました。たった今から社に居なくて結構です。1ヶ月後に雇用関係は終了します。』

この瞬間から、あなたがA社の社内に入るには特別なパスが必要になります(つまり、自分の席にはもう戻れません)。

1ヶ月間、あなたは法的にはA社の社員ですが、一切の情報から遮断されます。

今までやっていたことを全て忘れ、頭を真っ白にしてから競合のB社に行く為です。

M&Aなど、取引先の機密事項を扱う投資銀行にとっては当然のことです。

この1ヶ月間、あなたは、『A社にも行けない、B社にも行けない』という何もしない日々を送ることを余儀なくされます。

英語では(特にイギリスでは)この期間のことを『庭いじりでもするしかない』とのことで、『ガーデニング期間(Gardening Period)』と呼んでいます。

|

« 何もしない日々 | トップページ | 別冊宝島 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144469/6757208

この記事へのトラックバック一覧です: ガーデニング期間:

« 何もしない日々 | トップページ | 別冊宝島 »