« 成功するM&A、失敗するM&A(その1) | トップページ | タイトルの変更 »

2005年11月16日 (水)

中央銀行の独立性

ほんの50分前のニュースです。

日本では、日銀による量的緩和解除のタイミングをめぐって、政府(政治家)と日銀が水面下で激しくやりあっているようですが、アメリカでは、バーナンキが今から次のようにコメントしています(英語のままですみません。ご関心のある方は下記導入部分に続く『続き』がさらにありますので、ヤフーの米国版で見てみてください。)

Tuesday November 15, 4:44 pm ET
By Jeannine Aversa, AP Economics Writer

Ben Bernanke Says He'll Make Sure Federal Reserve Remains Free of Political Influence

WASHINGTON (AP) -- Ben Bernanke, the president's chief economist, told senators Tuesday he'll continue the policies of Alan Greenspan if confirmed as Federal Reserve chairman and will make sure the central bank remains free of political influence.

|

« 成功するM&A、失敗するM&A(その1) | トップページ | タイトルの変更 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144469/7137986

この記事へのトラックバック一覧です: 中央銀行の独立性:

« 成功するM&A、失敗するM&A(その1) | トップページ | タイトルの変更 »