« 連邦準備制度理事会議事録 | トップページ | たった一枚のスケッチ »

2006年1月 7日 (土)

トヨタの理論株価

M&Aの時には、DCF法(ディスカウンティド・キャッシュ・フロー法)に基づき株価の評価をして、これをベースにいくらで企業を売り買いするかを決めていきます。

同じ方法を、日常の株式の売買に応用すれば、チャートに基づく株の売買と違い、個人投資家がやけどをすることも少なくなるはずです。

出版関係の方からこういったお話を頂戴し、今度この種の本を出すことにしました。このため、正月休みにはDCF法に基づくトヨタの理論株価を出すべく、スプレッドシートを作りました。

〔注:スプレッドシートとはキャッシュフローの展開表です。以前はフォートランとかベイシックで作っていましたが、最近はエクセルがあるのでずいぶん楽になりました。〕

スプレッドシートを自分で作るのは、興銀の審査部以来、10数年ぶりです。

投資銀行のときは、アソシエイトの方たちのつくるスプレッドシートに対して、「ああでもない、こうでもない」と言うだけでしたが、やはり私は「この種の仕事は自分で作る方が圧倒的に面白い」と思います。(我ながら結構、凝り性なオタクです。)

とういことで、その結果であるトヨタの理論株価は:

標準ケース:9,165円

楽観ケース:13,330円

悲観ケース:6,827円

皆さんには、「なんか、どこか間違えたんじゃないか。もう一度ビジネススクールに行った方が良いよ」と言われそうです。

でも(小泉首相ではありませんが)それでも地球は回っているのです。

こういった株価が算出されるのは、いまの金利が異常に低いからです。その結果、キャッシュフローを割り引く際のWACC(詳しくは『サバイバルとしての金融』をお読み下さいね)が低くなり、(すなわち割り算で分母が小さくなりますから、)答えの株価は高くなるのです。

ところで、このスプレッドシート(キャッシュフローモデル)については、誰でもがインターネット上で(タダで)ダウンロードできるようにしていきたいと考えています(出版社のお許しが得られればですが。。)

|

« 連邦準備制度理事会議事録 | トップページ | たった一枚のスケッチ »

コメント

是非先行UPをお願いします!

投稿: | 2006年1月11日 (水) 10時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144469/8020910

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタの理論株価:

« 連邦準備制度理事会議事録 | トップページ | たった一枚のスケッチ »