« 環境問題、人権問題と市場主義について | トップページ | ヒット作の話をすると彼女は喜ぶ。でも目を輝かせるのはフォト・セッションを話す時だ »

2006年3月14日 (火)

米国大統領私邸に招待されたときの話

ホワイトハウスに米国大統領を訪ねた日本人は何人もいるのでしょうが、大統領の私邸を訪問した日本人はあまりいないかもしれません。

古いアルバムを整理していましたら、私が高校時代に当時のニクソン大統領の私邸に招かれたときの写真が出てきました。

ご参考までに下に添付しておきます。(前列左下が私です。)警備上の理由から、写真はこの一ヶ所のみで撮影を許されました。

3_010_1

バックに 『The Western White House』と書いてありますが、ニクソンの私邸は、カリフォルニア州サンクレメンテにあり、東のWashington DCにある公邸に対して、私邸はこのように呼ばれていたのです。

その時、お昼をご馳走になったのですが、合衆国大統領のシールが印刷されたナプキンを持ち帰ってきました。これがその写真です。

3_1

このナプキンは 『何でも鑑定団』 (テレビ番組です)で、売れるかもしれません。

鑑定者の方に、 『 人気の無いニクソンですから、安い値段しかつきません。これがケネディならもっと高い値段がつくのですが。。。』 なんて言われそうです。

|

« 環境問題、人権問題と市場主義について | トップページ | ヒット作の話をすると彼女は喜ぶ。でも目を輝かせるのはフォト・セッションを話す時だ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144469/8960738

この記事へのトラックバック一覧です: 米国大統領私邸に招待されたときの話:

« 環境問題、人権問題と市場主義について | トップページ | ヒット作の話をすると彼女は喜ぶ。でも目を輝かせるのはフォト・セッションを話す時だ »