« ランダム・ウォーク(その4) | トップページ | ランダム・ウォーク(その5) 5年後の生活を考えてみる »

2006年5月17日 (水)

コマーシャル

5月3日付けのブログでもご紹介しましたが、私の新しい本、

投資銀行―日本に大変化が起こる』が、

PHP研究所より出版されました。

_005_1

たまたま昨日、日本の2005年度国際収支(速報)が財務省より発表され、所得収支が初めて貿易収支を上回ったことが明らかになりました。

新聞は、『日本経済が投資で稼ぐ構造に変わりつつある』と報じていますが、

今後の日本の将来を考えますと、投資の果たす役割、そしてその一翼を担う金融業の果たす役割は、ますます大きくなるものと考えられます。

にもかかわらず、本来はその大きな重責を担うべき日本の銀行が、これまで規制で守られ政府の庇護を受けてきたがゆえに、

なかなか独り立ち出来ず、結果として、外資の投資銀行に大きく遅れを取ってしまっているのは、大変残念なことです。

われわれは、ここで、もう一度謙虚に、欧米の投資銀行について「学ぶべきは学ぶ」という姿勢を持つべきなのではないでしょうか。

そんな思いで書き綴った本です。

金融機関に勤める方、金融(特に投資銀行)を志す学生の方、

「投資銀行とはいったい何なのか、どんな組織なのか」について関心のある方に、

是非ともご一読頂ければ幸いです。

|

« ランダム・ウォーク(その4) | トップページ | ランダム・ウォーク(その5) 5年後の生活を考えてみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144469/10104904

この記事へのトラックバック一覧です: コマーシャル:

« ランダム・ウォーク(その4) | トップページ | ランダム・ウォーク(その5) 5年後の生活を考えてみる »