« ランダム・ウォーク(その7) 30万円を一年で1億円にした人 | トップページ | コンピューターの残した爪あと »

2006年6月 3日 (土)

米国発のグローバル・メルトダウンはあり得るのか

5月中旬以降、ロシア、中南米、インドなどの株式が急落しています。ニューズウィーク誌の記事が参考になりますが、

約2週間で、ロシア: ▲23%

       ブラジル:▲15%

       インド:  ▲15%

       中国(香港):▲9%

の下落です(注:5月11日→5月25日の数値;ブラジルは10日、中国は9日が起点)。

この間、日経平均は、16,862円(5月11日)→15,694円(5月25日)と▲7%の下落。

いかに新興市場の下落が激烈であったかが分かります。(仮にロシアのように▲23%下落していたら、日経平均は、12,984円になっていたことになります。)

こういった市場環境になってきたことから、『米国の余剰マネーがこれらの市場から引き上げ始めている』とか、『この先、米国発の株式市場のメルトダウンにつながり始めるのではないか』などといった論調も多く聞こえるようになってきました。

先ほどのニューズウィーク誌の記事を始め、幾つかの興味深い記事が出ていますので、この機会にご覧になってみてください。(S&P500の益回りに着目した日興コーディアル証券の月刊メオダスの記事も面白いと思います。)

ところで、ヘンリー・ポールソン氏の財務長官への指名。市場関係者は、クリントン政権下で、経済の順調な発展へと辣腕を振るったルービン元財務長官のことを思い出します(注:どちらもゴールドマンサックスの経営者として華やかな実績を上げた人たちです)。

かねてからウォール街とのパイプがいまひとつ強くないと言われてきたブッシュ政権。市場環境が不透明さを増してきただけに、ポールソン氏のこれからの活躍が期待されるところです。

|

« ランダム・ウォーク(その7) 30万円を一年で1億円にした人 | トップページ | コンピューターの残した爪あと »

コメント

間違いだらけの株選びを買いまして、
ここにたどり着きました。

エクセルのファイルを使ってみたのですが、
10億円単位ではなく、百万円単位にするには、
どうしたらよいのでしょうか?

本文と関係ないコメントで済みません。
よろしくお願いします。

投稿: taka | 2006年6月 3日 (土) 23時11分

Taka様

インプットするべき数字(本書53頁の赤で網掛けされたところ)を全て百万円単位で入力していけば、同じ結果が得られます。

投稿: 岩崎 | 2006年6月 4日 (日) 09時00分

回答ありがとうございます。
早速やってみます。

株は、最近始めたばかりで、勉強中です。
今後、岩崎さんのブログも読んで、
勉強になればと思っています。

投稿: taka | 2006年6月 5日 (月) 00時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ランダム・ウォーク(その7) 30万円を一年で1億円にした人 | トップページ | コンピューターの残した爪あと »