« 格差問題の本質 | トップページ | 足で書く調書 »

2007年3月13日 (火)

夏時間

頭では分かっていたのですが、始まってみると早いですね。

アメリカではもう既に夏時間(Daylight Saving Time) がスタートしていました。

詳しくは、昨年12月31日付の私のブログをご覧下さい。

このように、アメリカは夏時間の開始日を今年から、大幅に変更(前倒し)しましたが、日本でも今年のカレンダーから変更になった点があります。

来月29日は今まではみどりの日でしたが、今年からは、昭和の日になります。

|

« 格差問題の本質 | トップページ | 足で書く調書 »

コメント

岩崎先生、こんばんわ。

僕が夏時間(サマー・タイム)という言葉を知ったのは、高校生のときに短波ラジオ購入し、その説明書に「サマー・タイム」と書いてあったのを読んだときだったと思います。
冬の日は、午後5時頃になると日が沈んでしまいますが、夏の日は、日照時間が長いので、何だか、一日をフルに使いきれるという気持ちになります。

僕の勤務先はクールビズを推進しているので、夏はノー・ネクタイで通しています。
もともと、僕はネクタイのようなクビを締める「布切れ」なんて不要だと思っているので、ノー・ネクタイのスタイルは歓迎です。
(勤務先に対する更なる要望は、水冷式仕様のパソコンの導入を義務付けて欲しいことです。)

そして、今年から4月29日は「昭和の日」になるのですね!
「エッ!」と思って、カレンダーをめくってみたら、ちゃんと、「昭和の日」と赤文字で書いて有りました。

「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」という趣旨の祝日だそうですが、世界で唯一の被爆国の日本は、これから先、ずうっと、戦争とは無縁であって欲しいと思います。

投稿: まさくん | 2007年3月13日 (火) 21時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 格差問題の本質 | トップページ | 足で書く調書 »