« ベアによる資金拠出は半分で済むかもしれない(サブプライムローン問題;その2) | トップページ | サン=サーンス »

2007年7月 1日 (日)

10年間の記録

みなさん、おはようございます。

早いもので、もう7月。

今年も約半分が過ぎ去ってしまったことになります。

ところで、いまや私もこうやって、毎朝机に向かってパソコンのスイッチを入れる習慣を身につけてしまっていますが、振り返ってみますと、ここ12~13年くらいのことです。

私が最初にパソコンを買ったのは、確か1995年前後。

当時、NEC が Canbe という名のパソコンを始めて売り出し、テレビで大々的に広告していました。

そこで、Canbe を買いに秋葉原に行ったのですが、価格がちょっと高めでした(確か上級モデルが、49万円くらいだったと記憶しています)。

そして、店員さんに、『これからは、IBM互換機の方が良いですよ』 と勧められて、Canbe を買わずに、IBM を購入しました(NECさん、すみません。)

当時は、興銀の社宅に住んでいたのですが、狭い社宅をパソコンが一層狭くしていました。

その頃のパソコンは、とにかく不安定で、何度も初期化する破目に陥ったのが、今となっては、懐かしい(でもやっぱり辛い)思い出です。(CPUは、Pentium の前の世代で、486。 メモリは確か 8MB、ハードディスク 200MBだったと記憶しています。付いていたWindowsはVersion 3.1でした。)

以降、パソコンは、何回か買い替え、いろいろな用途に利用してきました。

ところで、当時より現在まで、ずっと続けているプログラムが一つあります。

毎朝、体重を測り、エクセルに入力するというものです。

因みに、10年前の6月30日の体重は、67.9kg。

それが、97年11月24日には、(努力の結果です)62.6kg にまで落ちました(これがここ10年間の最低値です)。

03年1月7日には、逆に73.2kg まで上昇(これが10年間の最高値。ちょうどサラリーマン生活に終止符を打ち独立・起業しようと考え始めていた頃で、多分ストレスを抱えていたのだと思います)。

今は、ベストの体重に再び近づき、今朝は、62.9kg でした。

毎朝エクセルの表を見て、『よし、これからジムに行って少し運動してこよう』 とか、『食べ過ぎに気をつけよう』 いう気になりますので、(私にとっては)それなりに意味のある表になっています。

|

« ベアによる資金拠出は半分で済むかもしれない(サブプライムローン問題;その2) | トップページ | サン=サーンス »

コメント

岩崎先生、こんばんわ。

>パソコン

パソコンは、僕は自作派です。
パソコンの仕組みやパーツを勉強して、秋葉原などのショップで好きなパーツを選んで自作するのは楽しいし、自作すると、不意のトラブルにも自力で対応できるというメリットがあります。
(目立たないパーツですが、電源ユニットやファンは、値段が高めでも、信頼性・耐久性・静音性に優れたものを選ぶようにしています。)
もっとも、ベアボーンを使うと、自作がかなり楽になりますね。

>エクセルに入力

10年間、体重の記録を続けられるとは、スゴイですね!
適正な体重を保つことが、健康管理で最も重要なことだと思いました。
僕の場合、継続してエクセルで管理しているのは、「家計簿」です。
「何を、いつ買ったか」の記録を残しておくと、モノを大事にしようという気持ちが自然にわいてくるので、無駄遣い防止にも役に立ちます。

ところで、7月になりましたが、これから先の気温の上昇が心配です。

先週の木曜日、金曜日と、2日連続して、朝の通勤途中に、駅のコンコースで倒れている会社員を救急隊員が介抱しているのを見かけました。
このところの暑さで、体調を崩している人がたくさん居るように思い、とても他人事のようには思えません。

そんなわけで、僕は毎日の通勤の負担をできるだけ軽減するために、軽量のビジネス・リュックを購入しました。

フェイシャル・シート等、暑さ対策のグッズを詰め込んで、
「まいにち まいにち ぼくらは てっぱんの うえで やかれて いやになっちゃうよ」と思いながら、通勤しています。

投稿: まさくん | 2007年7月 1日 (日) 21時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ベアによる資金拠出は半分で済むかもしれない(サブプライムローン問題;その2) | トップページ | サン=サーンス »