« 破産する権利 (サブプライムローン問題;その4) | トップページ | ファンド資本主義 »

2007年7月17日 (火)

ユビキタス時代の覇者は?(その2)

5月15日に、『ユビキタス時代の覇者は?』という記事をこのブログに書きました。

その中で、ユビキタス時代の覇者は『アップルか、任天堂か』と書いてみました。

7月13日の株価をもとに時価総額を見てみます(単位:兆円)。

米アップル 14.5

ドコモ  8.5

任天堂 7.1

ソニー 6.4

富士通 1.7

NEC 1.3

かつて、Everything on the internet と大々的に標榜していた富士通や、Computer & Communication と唱えていたNECは、寂しいことになっていますが、任天堂が健闘しています。

WiiがPCやセットボックスの機能を持ち、AppleTV+iTunesのようになったら・・

DSがiPhoneの機能を持ったら・・

あるいは、Appleにしても任天堂にしても、どちらも更にその先を見ているのでしょうか。

感覚的なものですが、私には、任天堂とAppleには共通点があり、ドコモ、富士通、NECにも共通点があるように思えます。

仮に任天堂とAppleをAグループとし、ドコモ、富士通、NECをBグループとすると、AグループとBグループとを分けるものは何でしょうか。

私には、『視点が消費者と同レベルにあるか』ということのように思えます。

もしも任天堂が、ドコモのように、『そろそろ反撃してもいいですか』といったCMを大々的に始めたら・・あるいは、『WEB2.0』などと言い出したら・・

その時は任天堂の株を売る時だと思います。

|

« 破産する権利 (サブプライムローン問題;その4) | トップページ | ファンド資本主義 »

コメント

 初めてコメントさせて頂きます。
 私も,ドコモの「そろそろ反撃してもいいですか」の広告には,ものすごく違和感を感じていました。それではどこが変わったのかと思って内容を見てみると,携帯の新機能や料金プランと,やっている事はまったく従来の延長線上で代わり映えしません。
 そのとき感じた違和感は何だったんだろうと思いましたが,「消費者の視点」という事だったんですね。
 大変スッキリしました。

投稿: xylapone | 2007年7月18日 (水) 00時06分

岩崎先生、こんばんわ。

>感覚的なものですが、私には、任天堂とAppleには共通点があり、ドコモ、富士通、NECにも共通点があるように思えます。

僕は「小売り営業グループ」、「法人営業グループ」の違いだと思いました。

小売りは、様々な価値観を持つ不特定の大衆を相手にするので、価格メリットに加えて、しなやかな感性が売る側に不可欠だと思います。

『そろそろ反撃してもいいですか』という、本来ならば競争敵に向けるべくフレーズを、敢えて、大衆向けの広告に採用するのは、法人営業向けの視点の延長だと思いました。

まあ、個人的には任天堂やドコモの株は、今のところ、保有する気はありませんが、、、

投稿: まさくん | 2007年7月19日 (木) 21時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 破産する権利 (サブプライムローン問題;その4) | トップページ | ファンド資本主義 »