« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月30日 (水)

メドゥーサ(その3)

1990年代および2000年代の金融の世界では、Private Equity Funds や Hedge Funds が注目を浴びました。

Private Equity Funds とは未公開株への投資(買収した結果、未公開になるケースを含む)を主とするファンドのことです。

すなわちPrivate Equity Funds が行う投資は、

(1)企業の創業段階への投資である『ベンチャー・キャピタル投資』と、

(2)成熟企業などの事業再編に伴う企業支配権の買収等への投資である『バイアウト投資』

に大別することが出来ます。

アメリカでは既に1976年にKKRが誕生。

その後も数多くのPrivate Equity Funds (略してPEと言うことあります)が生れてきました(注:KKRがPEの第一号という訳ではありません)。

日本でも1992年に『日の丸PEの代表格』の一つであるアドバンテッジパートナーズが設立され、1998年にはユニゾン・キャピタルが誕生しています。

一方、Hedge Funds とは、通常は私募によって機関投資家や富裕層等から私的に大規模な資金を集め、金融派生商品等を活用した様々な手法で運用するファンドのことです。

一般の投資信託等がTOPIXやS&P500等のベンチマークを上回る運用成績を目標としているのに対し、

ヘッジファンドは多くの場合、絶対的収益(absolute return)の追求を目標としているのが特徴です。

ノーベル賞学者達が参画するヘッジファンドとして注目を浴びたLong-Term Capital Management は、1994年に設立されています。

このように これまで金融の世界では Private Equity Funds や Hedge Funds が注目を集めてきました。

ここで例えば、野村證券のホームページで同社の組織図を見てみます。

企業金融一部から九部まで並んでいますが、その直ぐ下の方にファイナンシャル・スポンサー部という部が目につきます。

これこそがPrivate Equity Funds などのファンドを相手にする部です(少なくとも欧米の投資銀行の場合、そういった体制になっています。詳しくは拙著『プロジェクト・コード』をご参照下さい。)

さてこれらのPrivate Equity Funds や Hedge Funds に対して、前回ご紹介したSoverign Wealth Funds。

これは政府が出資する投資ファンドのことで、政府系ファンドとも言っています。

石油や天然ガスによる収入、外貨準備高を原資とすることが多いのが特徴で、

近年、世界的な資源価格急騰により資源供給国の割合が増えつつあります。

前回ご紹介したリーマンのAzar氏も述べていましたが、このSoverign Wealth Funds の額は、いまや 3.5 兆ドル(350兆円)を超えると推定されています。

(注:日本の国家予算83兆円の4倍、日本のGDP527兆円の3分の2)

この3.5 兆ドルというSoverign Wealth Funds の大きさは、既に、Private Equity Funds と Hedge Funds を合計したものを超えたものになってしまっています。

だからこそ、リーマンブラザーズのみならず、Morgan Stanley やBarclays などの各社も、社内に、Soverign Wealth Funds を専門にカバーする(営業活動を行う)部隊を新たにスタートさせたのです。

これから2~3年のうちには、野村證券などの日本の金融機関の組織図にも Soverign Wealth Funds グループといった名の部が見受けられるようになるかもしれません。

| | コメント (0)

2008年4月28日 (月)

メドゥーサ(その2)

いったい今、世界で何が起きているのでしょうか?

例えば、投資銀行のリーマンブラザーズはつい先日、Soverign Wealth Funds を『カバーする』(別言すれば『SWF相手に営業活動を行う』)グループを、新たに設立しました。

Mr. Makram Azar が同グループのGlobal Head(同部門を扱う世界全体のヘッド) となりましたが、リーマンは彼をドバイに駐在させています。

CNBCがAzar氏にインタビューした時の様子は以下のビデオ(動画)で見ることが出来ます。

これを見るだけでも、今、世界で何が起きつつあるかを実感出来ると思います。

ビデオはこちら(↓)です。(クリックした後、画面に現れる『Play Video』の文字を更にクリックしてみて下さい)。

http://www.cnbc.com/id/15840232?video=722883139

| | コメント (0)

2008年4月27日 (日)

メドゥーサ(その1)

今日から何回かに分けてメドゥーサ(Medusa)について書いていきます。

(もっとも途中、休んで他のことを書いてしまうかもしれませんが・・)

メドゥーサと言って、私がまず思い出すのは、ビックコミックに連載されていた、かわぐちかいじ氏の漫画。

政治家を志す榊龍男と革命戦士となった榊陽子の物語。

主人公がパレスチナから日本に帰る飛行機の中から、窓の下に日本の景色を見たときの思いが今でも私の胸のうちに伝わってきます。

Atr00101_2

ところで漫画のメドゥーサはギリシャ神話のメドゥーサ(Medousa;上図)から取ったものです。

メドゥーサは、ゴルゴーン三姉妹の一人。

海神ポセイドーンとアテーナーの神殿のひとつで交わったためにアテーナーの怒りをかい、醜い怪物にされてしまいます。

讃えられるほどの美しい髪ですら、一本一本を蛇に変えられてしまった(上の絵)とのことです。

このギリシャ神話に出てくる『女神』と言うか、『魔物』をもじって、この頃、国際金融の世界で注目されているのが、MEDUSAです。

すなわちマレーシア(M)、エジプト(E)、ドバイ(DU)、サウジアラビア(SA)に代表される国々(頭文字をつなげるとMEDUSAになります)。

オイルマネー、イスラム金融といった切り口で紹介される国々です。

いまメドゥーサが注目される理由は何か?

それは4月17日付けの私のブログでも書きましたように、世界的な富の分布に変化が生じ、世界経済が新しいルールのもとに動き始めているかもしれないからです。

これを(A)投機筋が作り出した一時的な現象と捉えるか、

あるいは

(B)本質的な変化と捉えるか。

これによって、企業活動や投資行動にも大きな違いが生じるようになります。

この辺について次回以降もう少し詳しく見ていきたいと思います。

| | コメント (0)

2008年4月26日 (土)

鯉のぼり

早いものですね。

東京、青山、国連大学の近く、『こどもの城』で見かけた鯉のぼりです。

思わず携帯のカメラでシャッターを切りました。

080426_114027_2

080426_114147_2

| | コメント (0)

2008年4月23日 (水)

Leading Matters

昨日、スタンフォード大学のヘネシー学長を初めとする関係者が来日し、『Leading Matters 』と称するイベントが(300人を超える出席者を得て)行なわれました。   

この中で、『 A Transition to Sustainability? Development and Environment in a Changing World』 とのタイトルで2人の学者によるプレゼンテーションが行なわれましたが、

人類の前に立ちはだかる難問(環境、貧困、争い)に対して、大学としてこれを解決すべく挑戦していかなければならない-そういった使命感というか意気込みのようなものが強く伝わってきました。

1_palmdrive_2

詳しくは大学のウェブサイトでも知ることができますので、ご関心のある方は是非ご覧になってみてください。

ところで、1891年に設立されたスタンフォード。

今日では 8,186 名の大学院生と、6,759名のundergraduate生が学んでいますが、大学院生の丁度3分の1(2,728人)が、海外からの留学生(このうち6割がアジア)。

大学の戦略が読み取れる数字になっています。

| | コメント (0)

2008年4月22日 (火)

梅若六郎とプリセツカヤ 

先日のブログで紹介した『梅若六郎とプリセツカヤ』ですが、来週金曜日夜(10:50ではなくて)10:30 からの放映です。

詳しくはNHKの『こちら』のページをどうぞ。(クリックした後、『放送予定』のタブをクリックしてください。)

| | コメント (0)

2008年4月20日 (日)

能を楽しむ

私は能については全くの門外漢なのですが、先日勉啓塾に能楽師の梅若六郎氏をお招きしお話を頂戴しました。      

                          Photo

梅若六郎さん(1948年生まれ)は3歳で『鞍馬天狗』の子方で初舞台。88年に56世梅若六郎を襲名。日本芸術院会員。

梅若六郎さんの幾つかの言葉が印象に残りました。

『能には融通性があったからこそ、これまで生きてきたんでしょうね。これは、押し付けない、ということです。』

『芸とは神に奉仕する、捧げるということです。』

(同じように精進していても人によって違いが出るのはどうしてですか、との問いに対して)

『技術とか訓練を超えた、人間の思いで違いがでるのでしょうね。形にとらわれるだけでは駄目で、思いの強い人が優る。』

                             

梅若さんが、永遠のプリマと称されるマイヤ・プリセツカヤ(82歳)と先月共演した模様(下の写真)は、5月2日の芸術劇場(NHK教育テレビ、夜10:50)で放映される予定とのことです。

             2

| | コメント (0)

2008年4月17日 (木)

大きな潮流の変化と日本の対応

(1)サブプライム問題の嵐が吹き荒れていますが、同時にいくつか潮流の変化が起きていることも見逃せません。

 ● 世界各地の人々の『もっと豊かになりたい』との切望

          ↓

 ● 中国、インド、ロシア、ブラジルなどの台頭 

          ↓         

 ● これら諸国での需要に牽引されて原油・一次産品価格上昇 

          ↓

 ● 原油、一次産品を産出する国への富の移転

昨日ドイツ証券が三菱商事(現在の株価:3500円前後)の目標株価を6000円と発表して話題を呼びましたが、

『世界的な富の分布の変化』といった視点でいま起きている経済情勢を眺めてみることも必要かと思います。

(2)さて来月から米国では1,170億ドルにのぼる戻し税還付が始まります。

これは(単純に米国の人口3億で割れば)米国の国民1人あたり約4万円。

戻し税還付は第2四半期と第3四半期の米国の個人消費の伸びを各々1~2%(年率)押し上げると言われています。

FRBも幾度となく政策金利を引き下げてきました。

これに比べて、日本は何をしてきたのでしょうか。

いま金利を引き下げれば、急激な円高ドル安はある程度緩和され、かつ景気の低下にも歯止めがかかると思うのですが・・(この辺の議論は1月23日のブログ1月27日のブログにも載せていますのでご関心のあるかたはどうぞ)。

日銀内部には政策金利がある程度のレベルにないと、必要な時に金利の引き下げが出来ず中央銀行としての対応力が一部欠けることになるといった議論があるのでしょうか。。

だからこそ先般来、利上げのタイミングを窺い続け福井前総裁のリーダーシップの下で、昨年やっと利上げが出来た・・

でも『今日のような時に利下げが行なえること』こそが日銀が望んでいた対応力であり、『今こそが金利の引き下げが必要な時』なのではないでしょうか。

| | コメント (0)

2008年4月13日 (日)

スピーチの力

米国の大統領選に立候補しているオバマ氏はスピーチが上手いのが評判です。

民主党指名争いの対立候補、ヒラリー・クリントン氏からは『言葉ではなく実績がポイントだ』などと攻撃を受けていますが、

見方を変えると、これはオバマ氏の言葉が人々を奮い立たせるだけのパワーを持っていることの現われなのかもしれません。

ところで私はこれまでに多くの方のスピーチを聞いてきましたが、『これは見事なスピーチだ』と驚嘆したのが、コリン・パウエル国務長官(当時)のスピーチ。

2001年にサンフランシスコで、『サンフランシスコ講和条約50周年記念式典』が行われましたが、そこで聞いたスピーチでした。

短いスピーチでしたが、太平洋戦争後廃墟と化した日本に駐留した米兵と日本の少年の交流の逸話などが紹介され、

人種や国籍が違っていても人間は 『人と人』として心を交えることが出来るのにどうして戦争をしてしまうのか、戦争が無意味であることを訴えたスピーチでした。

日本人が英語で話すスピーチはどうでしょうか。

私が聞いていて『見事だな』と思ったのは、三島由紀夫。

これはテレビで放送されたものを見ただけなのですが、確かイギリスBBC放送が三島相手に行った英語でのインタビューだったと記憶しています。

三島は日本人とbrutalityについて語っていましたが、非常に流暢な英語であると共に、博学で、しかも『格好良く』、同じ日本人として誇らしく思いました。

| | コメント (0)

2008年4月 9日 (水)

バフェットの凄さ

ウォーレン・バフェット(下の写真)については、私の著書『サバイバルとしての金融』などで紹介していますので、皆さんご存知でしょうが、改めてバフェットの凄さに驚愕させられます。

               200pxwarren_buffett_ku_visit

サブプライム問題で世界経済が荒れる中、バフェットのバークシャー・ハサウェイの株価(下図;青のグラフ)は、対前年比で年率+21%のリターンを上げています(109,000→132,000)。

Brka_2

もっともこの一年の間(2007年4月9日→2008年4月8日)、アメリカのダウ平均株価(上図;赤のグラフ)も、実は上図のように微増しています(12,569→12,576)。

アメリカは大変だといっても、昨年の同時期と比較してアメリカの平均株価は微増していた!(バフェットにいたっては21%も株価を増大させていた!)

大変だったのは日本で、日経平均は対前年比で▲26%も下落させています(17,743→13,111)。

| | コメント (0)

2008年4月 8日 (火)

ブリオーニ島

ブリオーニ群島とはクロアチア共和国イーストラ半島の西側の町プーラ近くの沖合いに浮かぶ島々です(12の島々から成り立ちます)。

Island_of_brioni

この島は中世にはイタリア、ベニスの支配下にあったり、オーストリア・ハンガリー帝国に占領されたりと幾多の変遷を経て、第一次世界大戦後は、再びイタリアの支配下に、そして第二次世界大戦後はユーゴスラビアの一部になります。

古くから貴族たちのリゾート地、保養地として栄え、『ラグジュアリーのために仕立てた島』と呼ばれてきました。

日本では、ブリオーニは、スーツなどのブランドとしての名前の方が広く知られているかもしれません。(ちなみに1945年ローマにて設立されたブリオーニ社は、同社が掲げる『ラグジュアリーのために仕立てた洋服』という基本精神にマッチすることから、この島の名前をブランド名として使うことにしたとのことです。)

ところで、このブリオーニ(ブランドの方です)。1995年のゴールデンアイ以降、過去5作のジェームスボンド007シリーズの全てにおいて(最新作のカジノ・ロワイヤルを含む)、ジェームスボンドが着るスーツを提供してきているとのことです。

ブランドがブランドであり続ける為には、『買った人(顧客)を裏切らない』(製品の品質やサービスを維持する)ことが第一のポイントです。

しかしそれだけではなく、会社の沿革を大事にするとか、話題を提供し続けるとかいった点での不断の企業努力も重要であるようです。

| | コメント (0)

2008年4月 6日 (日)

ジーノの休刊

2007年3月に創刊されたジーノが休刊することになりました(詳しくは『こちら』)。

                                     Sub_magazine_5_2

ジーノを発行している株式会社KI&Companyの株式を70%以上保有する株式会社オールアバウトは約8億円の特別損失を計上。

オールアバウト社の株価推移(↓)です。

Allabout_2

景気が悪くなって人々のライフスタイルにも余裕が無くなってきた ―  ジーノの休刊にはそんな世相も影響しているのかもしれません。

| | コメント (0)

2008年4月 5日 (土)

世の中に

世の中にたえて櫻のなかりせば春の心はのどけからまし

在原業平

2

3

Photo

(注)写真は何れも『フリー写真素材集』より。

| | コメント (0)

2008年4月 2日 (水)

転換社債

私は45歳の時に興銀から外資系投資銀行に移りましたが、それまでは投資銀行業務の経験がさほど無かったこともあり、毎日が勉強の連続でした。

例えば転換社債(CB)について。

『欧米の機関投資家には転換社債に専門的に投資している投資家が数多くいる(SB【straight bonds】の投資家層と違う)』

『転換価格はどう設定すべきか』

こういった諸点について、ニューヨークからやってくる専門家たちにいろいろと教えてもらいました。

さて火曜日(4月1日)に発行されたリーマンのCB。

まさに教科書に紹介されうるようなディールでした。

月曜の段階では、リーマンが日本で詐欺に巻き込まれた(350億円の損失の可能性も)といった記事がウォール・ストリート・ジャーナル紙などで大々的に報じられ、

また市場には、これから先、ベア・スターンズに続く金融機関が出るのではないかとの疑心暗鬼もあったことから、

リーマンの株は35.30ドルまで売られ、37.64で引けていました。

そういった環境のもとで発行されたCB。

発行されたCBは、$1,000 per share で、リーマン株、20.0509 sharesに転換可能。

転換価格は、$1,000 ÷20.0509 = $49.87

となります。

リーマンはこれを$4 billion (4000億円)売って資金を調達。

マーケットはこれを好感し、リーマン株は昨日17.8%上昇して引けています。

Leh

こういった、『市場での通常の取引ベースで資金が調達されたこと』を、市場全体も評価。

ダウ平均株価も391ドルを上回る上昇となりました。

| | コメント (1)

グーグル・アース

グーグル・アースというのは面白いですね。

私は時間があるときにグーグル・アースを使って、いろいろな場所を訪れています。

例えば私が高校時代にAFS留学生として1年間過ごした Balboa Island は、こんな感じ(↓)。

Balboa_islandkmz_4

拡大すると、こう(↓)見えます。

Balboa_island_2kmz

逆にLAも入る形で見ると、こう(↓)見えます。

Southern_calif

| | コメント (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »