« 過去10年間、CEOの役員報酬は年1ドル | トップページ | アラフォー世代と新ニッポン人 »

2008年8月 6日 (水)

Appleの衝撃

周りでiPhoneを持っている人が少しずつ増えてきました。

ここ2年間のApple, Inc. の株価推移です(↓)。

ちなみにiPhoneが発表されたのは2007年1月9日。

下の棒グラフが出来高のグラフ。このグラフの左側から『4分の1』位のところで、棒グラフがかなり高く伸びているところがありますね。

この時が2007年1月。

株価は90ドル前後でした。

それが、その年の年末、2007年12月には株価 199ドルを付けます。

すなわち 1年間で2倍に高騰。

その後、2ヶ月間で今度は 119ドルまで下落するも、現在では 156ドルまで戻しています。

何れにせよ2年間で 2.3倍の上昇となっています。

Apple_3

5年間の動きがこれ(↓)。

iPodが発表されたのが2001年10月23日。

発売が2001年11月17日。

どちらの時も株価は19~20ドルのレベル。

すなわちAppleの株価は当初 iPodには反応せず、2004年まではずっと 20ドル台でした。

それが2005年に入って(iPodが人々に受け入れられるのと相俟って)

株価は上昇し始めます。

5年前に20万円を投じてAppleの株を買った人は今、156万円を手にしています(8倍です!)

(注:簡略化のため為替の影響は捨象して考えています)。

Apple_5_years

さて現在のAppleの売上高の構成を見てみましょう。

昨年9月30日で終わった12ヶ月間をベースに(Appleは9月末決算)、製品別売上高を見てみますと、

PC (Desktops)      17%

PC (Portables)     26%

iPod                    35%

音楽配信      10%

iPhone                 1%

その他       12%

iPhoneの占める比率はまだ僅かでした。

これがiPodのように伸びてくるようだと株価は更なる高値を更新するかもしれません。

|

« 過去10年間、CEOの役員報酬は年1ドル | トップページ | アラフォー世代と新ニッポン人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 過去10年間、CEOの役員報酬は年1ドル | トップページ | アラフォー世代と新ニッポン人 »