« メダル | トップページ | 未体験ゾーン »

2008年8月31日 (日)

Who is Palin?

共和党のマケイン候補が副大統領候補に選んだペイリン氏に関して全米のメディアが一斉に書き立てています。

1984年にミスWasilliaに選ばれ、準ミス・アラスカに輝いた頃の写真(↓)。

          Sara_heath_1984

2007年12月号のVogue誌に写真(↓)が掲載されたことでも話題になっています。

     Vogue_2

今年4月にダラスでエネルギー・サミットが行われた際、アラスカ州知事のペイリン氏は妊娠8ヶ月でした。ダラスでスピーチを行う前の段階で、既に彼女は contraction を感じていたとのことですが、何とかスピーチを終えてテキサス州ダラスからアラスカに帰るべく空港に駆けつけました。

そして、飛行機がアラスカ、アンカレッジに着陸してから数時間後。

彼女は5番目の子供を出産したとのことです。

この5番目の子はダウン症になり、ペイリン氏は『Maybe they shouldn't have let me fly, but I wasn't showing much so they didn't know.』とインタビューに答えています。

アラスカ州知事としては、BP や ConocoPhillips などの巨大石油会社を相手に天然ガスのパイプライン建設を果たすべく獅子奮迅の働きぶりを示すなど、旧態依然としていたアラスカの政治に新風を巻き起こしたことで有名です。

地元紙によると、

『People see her as the symbol of purity in an atmosphere of corruption.』

とのこと。

副大統領候補に選ばれた際のスピーチでは『ガラスの天井を粉砕(shatter)したい』と次のように述べていました。

『It was rightly noted in Denver this week that Hillary left 18 million cracks in the highest, hardest glass ceiling in America, but it turns out the women of America aren't finished yet and we can shatter that glass ceiling once and for all.』

あるアメリカ人のコメント(↓)です。

『マケインが72歳であることを考えると、もし彼が大統領に選ばれるとすると副大統領が任期中に大統領になる可能性が通常のケースより高くなるかもしれない。

その時に外交や経済に関する経験があまり無い副大統領だとやはり心配だ。』

民主党か共和党か。

投票日は11月4日です。

|

« メダル | トップページ | 未体験ゾーン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« メダル | トップページ | 未体験ゾーン »