« 一流か二流か | トップページ | メドレーリレー »

2008年10月 3日 (金)

Bailout or Rescue

日本のマスコミでは丁寧に『米国の金融安定化法案』とか『金融関連法案』といった呼び方をしています。

アメリカでも正式には 『Emergency Economic Stabilization Act of 2008』です。

ただアメリカのメディアではずっと Bailout Plan と言ってきました。

これに対して共和党からの大統領候補のマケインがCNNのインタビューでこう言い出しました。

“The first thing I'd do is say, let's not call it a bailout, let's call it a rescue because it is a rescue. It's a rescue of Main Street America..”

Bailout と Rescue の違い。

アメリカのマスコミでも話題になって何人かの記者の方が記事を書いています。

ミルウォーキーのJS Online (Kathy Schenck記者)から:

『辞書を見れば両者に大差はない。

Bailout: To help a person or organization that is in difficulty, usually by giving or lending them money.

Rescue: To help someone or something out of a dangerous, harmful or unpleasant situation.

しかし Rescue の方がもっと noble な行為だ。燃えているビルから子供を吸い出すのはrescue だ。

一方で Bailout には 歴史的にもネガティブな意味合いを含んでいる気がする。特に政府が納税者の金を使って企業を help する際にこの言葉が使われる時にはなお更さらその傾向が強い。』

テレビでこう発言する解説者(Fred Barnes 氏)も:

『“Bailout” sounds terrible. Who is for a bailout? A lot of people are for a rescue..』

ウィスコンシン・ルセラン大学のJacobsen 教授は次のようにコメント:

"The word bailout itself suggests to me that the government is going to step in and actually compensate the banks or people on Wall Street for any losses they may have incurred. "

最近のインタビューではブッシュ大統領も Rescue Plan と言っていました。

要はウォール街の連中を助けるのか、それともアメリカ国民を助けるのかで、Bailout になるのか Rescue になるのか違ってくるということでしょう。

しかし多くのアメリカ国民は自分たちがいまこの瞬間に Rescue されるような困難に直面しているとは感じていない。

1~2ヶ月前にブッシュ大統領は全米国民の前でこう演説しました。

『Our econmy is just fine...』

それをいきなり Rescue と言ったって・・この法案は、やはり ウォール街の連中のBailoutだろう。多くのアメリカ人はこんな風に感じているのでしょうね。

|

« 一流か二流か | トップページ | メドレーリレー »

コメント

岩崎先生、こんばんわ。

先週日曜日の大河ドラマ「篤姫」のタイトルは「薩摩燃ゆ」でしたが、今週の日本は「東証燃ゆ」でしたね!
欧米連合艦隊のサブプライム・アームストロング砲が一斉に火を噴き、我が国を直撃したような印象です。

さすが、高視聴率を誇る番組だけあって、この時期、絶妙なタイトルをつけたものだなぁ…と、感心することしきりです。

ところで、アメリカの金融安定化法案の成立については、ニュースの受け売りですが「ウォール街の連中だけじゃなく、国民全てを救うことになる」、「貧乏人は損するだけだ」という意見に分かれているようですね。

大金はたいて不良資産を買い取っても、また、証券会社がリスクの高い金融商品を設計・販売したら、同じ過ちが繰り返されるだけなので、根本的な解決にはならないように思います … が、そうも言ってられないのでしょうね。

岩崎先生が著書で紹介されている東芝、トヨタの株価もボロボロの状態で、経済予測や企業価値を正しく予見することの難しさを、改めて感じました。

しかし、今のような状態だからこそ、自分が選んだ企業の持ち株数をさらに増やし、まっとうな安定個人株主を目指そうと思っています。

投稿: まさくん | 2008年10月 3日 (金) 22時12分

hello, thanks authors. exellent post

投稿: cialis | 2008年10月30日 (木) 10時34分

bailoutを検索していてこちらに漂着しました。
日本の”resucue plan"にしても本当は何が目的なのか曖昧なまま進行しているように思います。本来の目的は何か、今長期的には何が必要とされているのかも充分に議論されないままだという印象です。
政治に理念や品性を期待するのは無理なのかと思うこのごろです。

投稿: カッサンドラ | 2008年11月19日 (水) 08時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一流か二流か | トップページ | メドレーリレー »