« Project Natal | トップページ | 何合目 »

2009年9月15日 (火)

寡黙

「投資に係る者は寡黙でなければならない」

こう言ったのは、ニコラス・ロディティでした。

かつて、ソロスの片腕として活躍し、英国で highest tax payer になった人です。

1998年。私はロンドン郊外のハムステッドの自宅に彼を訪ねました。

たった1時間ほどの面談でしたが、私にとってロディティの一言一言はとても含蓄のあるものでした。

そしてロディティの白亜の殿堂を去る時。

私は、22年間勤めた興銀を辞める決意を半分ほど固めていました。

* * *

さて日本で highest tax payer になった人。

かつて年収100億円のサラリーマンとして話題になった清原さんのインタビュー記事が今週の週刊ポストに載っています。

たった2頁の記事ですが、380円を投じて週刊誌を買うだけの価値はあると思います。

清原さんもずっと寡黙を通してきましたが、今回少しだけ喋りました。

それだけに一言一言は重いと思います。

一点だけ私なりの解釈を付け加えると、日本の中小型株の見通しは、彼はここをロングにしているでしょうから、割り引いて聞く必要がありそうです。

ただそれ以外のところは非常に含蓄ある発言だと思いました。

何よりも市場を前にして謙虚になる。

私自身を振り返ってみても、謙虚さを無くした時に失敗しています。

* * *

話は変わりますが、M&Aでも寡黙が要求されます。

JALの件でどうしてこんなに国土交通省の名前が新聞に出てくるのか、公務員には守秘義務が無いのか。毎日、不思議に思って新聞を読んでいます。

|

« Project Natal | トップページ | 何合目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Project Natal | トップページ | 何合目 »