« マネーマガジン | トップページ | オバマ大統領と水俣病 »

2009年11月30日 (月)

2012年

2012年。世紀末や地球滅亡の映画は、アルマゲドンなどこれまでにも何作か見てきて、今回の2012年も、実は見る前はあまり期待していませんでした。しかし意外にもそれなりに楽しめた映画でした。

    2012_wp2_10241_3

特に映画の始まりをインドにもってきたところや、ロシア人が登場したり、中国が出てきたりというところは最近の世界の変化をハリウッドが微妙に感じ取っているのかもしれません。

もう30年近く前になりますが、私はメキシコのユカタン半島やペルーのマチュピチュを訪れ、マヤの遺跡やインカ帝国の跡を見て回ったことがあります。

2012年はマヤなどの言い伝えを基に映画化したものですが、米航空宇宙局は米市民からの度重なる質問に答えるため、わざわざ2012年問題に関する特設ページをウェブ上に設けています。『こちら』です。

|

« マネーマガジン | トップページ | オバマ大統領と水俣病 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マネーマガジン | トップページ | オバマ大統領と水俣病 »