« 二つの全く違った世界 | トップページ | 師走に体感時間を想う »

2009年12月12日 (土)

POS

POSとは、Point of Sales Systemのことです(詳しくは『こちら』)。

コンビニでバイトをしたことのある方ならお分かりだろうと思います。

消費者がコンビニで買い物をする時、レジの店員さんは、バーコードで商品名や値段を読み取らせると同時に、購入者の性別と大凡の年齢(例:20代)をデータ入力しています。

どういった層の消費者に売れるのか、企業にとっては重要なマーケティング情報です。

ところで消費者は一方的に情報を吸い上げられるだけでしょうか?

時としてレジのカウンターで店員さんがどのボタンを押すのかが目に入ってしまうことがあります。

自分が何歳くらいに見られているか、これはこれで我々消費者にとって貴重な(?)情報です。実際の年齢より若く見られると何となく嬉しくなります。

最近では一部の書店でもこの種のデータを入力しているようです。

|

« 二つの全く違った世界 | トップページ | 師走に体感時間を想う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 二つの全く違った世界 | トップページ | 師走に体感時間を想う »