« 『死ぬ前にどう生きるか』 (その3) | トップページ | 『死ぬ前にどう生きるか』 (その5) »

2010年1月 9日 (土)

『死ぬ前にどう生きるか』 (その4)

Steve Jobs のスピーチ。 前回からの続き(第4回)です。

* * *

19_grad_steve_2

今回のスピーチでは冒頭、「3つのことを話す」と言って話を進めてきた。

さて第3番目は、死に関する話だ。

私が17歳の時、こんな言葉をどこかで読んだ。

「毎日、これがあなたにとって人生最後の日だと思って生きる。実際にその通りになる。誰にもいずれは必ず人生最後の日というのがやってくるのだ」。

この言葉は私に強烈な印象を与えた。

そしてそれから現在に至るまでの33年間、私は毎朝鏡を見て自分自身にこう問いかけてきた。

「もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やろうとしていることを私は本当にやりたいだろうか」。

この質問に対する答えが「ノー」の日が何日も続くと、私は何かを変える必要があると思うようになってくる。

自分は遅かれ早かれ「何れは死ぬ」、そのことを思い出す ― これは私が人生で重要な選択を迫られ決断を下すときに、もっとも役にたった方法だった。

というのは、ほとんど全てのこと、それが外部からの期待であれ、己のプライドであれ、恥ずかしい思いや失敗に対する恐怖であれ、そういったもの全てが、死の前には意味を持たなくなる。消え失せてしまうのだ。そして真に重要なものだけが後に残る。

自分もいつかは死ぬということを思い出す ― このことは、自分は何か失うものがあるんじゃないかと思ってしまう「わな」に陥るのを避ける最善の方法だ。

我々は失うものがあると恐れる必要などは何もない。もうすでに素裸なんだ。

自分の心が導くままに生きる ― そうしない理由などどこにもないはずだ。

            
今から1年ほど前の2004年、私は癌と診断された。

朝の7時半にスキャンを受けたところ、私のすい臓にクッキリと腫瘍が映っていた。

私はその時まで、すい臓が何かも知らなかった。

医師たちは私に、「これはほぼ確実に、ある特別なタイプの癌であり、それは治療不能だ」と言った。

残された命は3ヶ月から長くても6ヶ月、それ以上は期待できないとのことだった。

* * *

続きは次回にします。

|

« 『死ぬ前にどう生きるか』 (その3) | トップページ | 『死ぬ前にどう生きるか』 (その5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『死ぬ前にどう生きるか』 (その3) | トップページ | 『死ぬ前にどう生きるか』 (その5) »