« ウォール街 Ⅱ Money Never Sleeps | トップページ | 2010年 全世界ビジネススクール・ランキング »

2010年2月10日 (水)

User-generated content (UGC)

2009年の1年間で東証マザーズに新規に株式を公開(IPO)した会社は4社しかありません。

そのうちの1つがクックパッドです(『こちら』)。

料理が好きな方や家庭の主婦の方なら、もう既にクックパッドのサイトはご存知かもしれません。

上記のサイトにアクセスして頂ければお分かりのように、クックパッドからはたくさんのレシピを取り出すことが出来ます。

例えばバレンタインのレシピだけでも現在のところ2,531品もあります。そしてこのレシピ数は今から数時間もすればもっと増えていくことが予想されます。

サイトにアクセスが集まれば(つまりユーザーのトラフィックが増えれば)、そのサイトを運営している人にとっては、それは「収益」を意味するようになります。

例えばサイトに広告を載せる、あるいは一部のユーザーをプレミアム会員にして有料化するなどの方法で、サイト運営者は収益を上げることが出来るようになります。

そしてここからが重要なのですが、アクセスを集めるのに、なにも有名人に多額のギャラを払って、例えば占いサイトを運営するといった方法は必要ない。サイトを見ている人たちにコンテンツを提供してもらって、アクセスを集めよう ― クックパッド社はそう考えたわけです。

そうなのです。クックパッドに掲載されているレシピは、株式を公開した「クックパッド社」が作っているわけではありません。

レシピを作って、このサイトに投稿・掲載しているのは、サイトを見ている一般の人たちなのです。

クックパッド社は一般の人々がレシピを投稿する「場所」を提供しているだけ・・。

UGC (User-generated content)の発想です(詳しくは『こちら』)。

カカクコム(『こちら』)が運営する食べログ(『こちら』)なども、UGCを上手く取り入れたもの。

いまや誰もがアイデア一つでUGCの仕組みを使ってトラフィックを集めビジネスとして成立させることが出来る・・・

これこそがネットビジネスの醍醐味です。

あなたもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

* * * *

(注)ネットとかサイトが苦手で、やはり印刷された本がいいという方へ:

食べログが本になっています。京都・大阪・神戸版は『こちら』。東京・横浜版は来月の3日に発売になるそうです(『こちら』)。

           Book_image_2

|

« ウォール街 Ⅱ Money Never Sleeps | トップページ | 2010年 全世界ビジネススクール・ランキング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ウォール街 Ⅱ Money Never Sleeps | トップページ | 2010年 全世界ビジネススクール・ランキング »