« Stanford Business School Information Session | トップページ | これはこれで良かったのですが、しかし・・ »

2010年8月17日 (火)

本当に円高なのか

実質実効為替レートで見てみます(下図)。 

青線が実質実効為替レート(右目盛)。

赤線がドル円スポットレート(左目盛)。

なおグラフの上でクリックするとグラフは大きくなります。

Photo_3

上図で明らかなように、現在の為替レートは、実質実効ベースでは、2005年のレートとさほど変わりません。2008年の後半よりも現在の方がむしろ円安ということになります。

なお実質実効為替レートについては日銀のウェブサイトに詳しい説明が載っています(『こちら』)。

また上のグラフの出所は同じく日銀のウェブサイトです(『こちら』の頁から『為替』のところをクリックする)。

昨日放送された日経ヴェリタストーク(『こちら』)で五十嵐さん(三菱UFJリサーチ&コンサルティング)が実質実効為替レートとこれを踏まえた為替レートの考え方について、分かりやすく説明してくれています。

番組の再放送は・・・8月16日(月) 24:00~、8月17日(火) 18:30~、19:06~です。

|

« Stanford Business School Information Session | トップページ | これはこれで良かったのですが、しかし・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Stanford Business School Information Session | トップページ | これはこれで良かったのですが、しかし・・ »