« Youngest Billionaires | トップページ | 米国経済のゆくえ »

2010年8月11日 (水)

消費税

最近のメディアは、「ヨーロッパを中心に各国で結構高い消費税を導入している」と盛んに報じています。

それではアメリカの場合は・・というと、アメリカでは国(連邦政府)としては消費税はゼロです。

通常は州政府が消費税(売上税)を課しているのですが、州によって消費税(売上税)ゼロのところもあります。

アラスカ、ニューハンプシャー、オレゴンなどの諸州です。

ニューハンプシャー州のウェブサイトを覘いてみると、面白いですね(『こちら』です)。

  Background1_2  

  Background5

  Background2_2

(写真はいずれもニューハンプシャー州政府「旅行・観光開発局」のウェブサイトから)

『ニューハンプシャー州には売上税、所得税がありません』と宣伝しています(『こちら』)。

オレゴン州のウェブサイトは『こちら』

オレゴン州の売上税(消費税)ゼロの記述は『こちら』

デラウェア州では売上税(消費税)はゼロですが、 gross receipts tax を商品を売る人に課す(『こちら』)とか・・。

もっとも税率は 0.1037% から 2.0736% とのことですが・・・。

* * *

なお同じ州の中でも郡(カウンティー)や市によって売上税は異なります。

各州の売上税を詳細に記述している Wikipedia (『こちら』)によると、ニューヨーク市は 8.875%、 ロサンゼルス市は 9.75%。

消費税のある州でも、食料品などは非課税としているところが少なくありません。

|

« Youngest Billionaires | トップページ | 米国経済のゆくえ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Youngest Billionaires | トップページ | 米国経済のゆくえ »