« 半減期2万4千年 | トップページ | Operation Tomodachi (トモダチ作戦) »

2011年3月29日 (火)

カズが決めた

東日本大震災の被災地を支援する日本代表対Jリーグ選抜の慈善試合。

2 (日本代表) 対 0 (Jリーグ選抜) とリードされていた後半37分、Jリーグ選抜のカズが見事なゴールを決めました [試合は2 (日本代表) 対 1 (Jリーグ選抜)で終了]。

44歳、不屈の精神の持ち主、カズ(三浦知良選手)のゴールに観客は酔いしれました。

* * *

         Guardian_4 

さて、A さんが 「私を原発信者にさせてくれたフクシマ] と題する産経新聞記事を送ってくれました。 『こちら』 です。

オリジナルの英国ガーディアン紙の記事は『こちら』

* * *

B さんは彼の友人からのメールということで下記の通り知らせてくれました。

「(3/26プルサーマルの関電工の件で- テレビ画面を) もう少しよく見て頂いて「訓練」という文字が写っていたことに気付かれていたと思います。映像は今回のものではなく、過去に行った訓練時のものです。手当てしていた患部は偽物です。同じ画像を使って日本でも報道されておりました。私も紛らわしい映像だと思って見ていましたので、よく覚えています]。

(注:私が見た英国BBCの放送には、画面上には英文しかなく、訓練という意味の英単語も見当たらなかったと記憶しています。どこかで落ちてしまったのかもしれません。)

* * *

C さんが知らせてくれたYouTubeの動画には吉田茂元首相の言葉がありました。

「君達は自衛隊在職中、決して国民から感謝されたり、歓迎されることなく自衛隊を終わるかもしれない。

きっと非難とか叱咤ばかりの一生かもしれない。御苦労だと思う。

しかし、自衛隊が国民から歓迎されちやほやされる事態とは、外国から攻撃されて国家存亡の時とか、 災害派遣の時とか、国民が困窮し国家が混乱に直面している時だけなのだ。

言葉を換えれば、君達が日陰者である時のほうが、国民や日本は幸せなのだ。 どうか、耐えてもらいたい」

これは、昭和32年2月、防衛大学第1回卒業式の時の言葉です。

|

« 半減期2万4千年 | トップページ | Operation Tomodachi (トモダチ作戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 半減期2万4千年 | トップページ | Operation Tomodachi (トモダチ作戦) »