« 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が約800億円の損失 | トップページ | 最悪の事態の想定 »

2011年4月 3日 (日)

炉心溶融

ニューヨークタイムスの「この記事」は参考になると思います。

4月2日付のニューヨーク版A6頁です。

米国政府エネルギー省のチュー長官(エネルギー長官)の会見(米国時間4月1日)模様をまとめたものです。

       Steven_chu_2

チュー長官と言えばスタンフォード大学の教授もしていた人で、レーザー冷却により原子を捕捉する技術の研究で知られ、1997年にはノーベル物理学賞を受賞しています(『こちら』)。

ニューヨークタイムスの記事は、

「日本政府当局は『部分的には炉心溶融を起こしている』と言いながらも、完全なメルトダウンにどれくらい近いかを明言してこなかった(Japanese officials have spoken of “partial meltdown” at some of the stricken reactors. But they have been less than specific, especially on the question of how close No. 1 — the most badly damaged reactor — came to a full meltdown. )」

と述べています。

これに対してチュー長官は、

「米国政府が日本の当局から得た情報をベースとすれば」

との前提付きですが、

「1号機は炉心(core of reactor)の7割が激しく損傷し(severe damage)、2号機は33%のメルトダウンに苦しんでいる」

と述べています。

同時に長官は、

「危機の最悪の瞬間からは遠のいている(後退している)ように思える;(the worst moments of the crisis appeared to be receding,)」

と述べているのですが・・。

* * * *

なお、IAEA の Reactor Status レポートを先日ご紹介しました(3月20日、『こちら』)。

この時の状況が下記。

Iaea_2

この時に比べて現在(13時間前に発表されたもの)は改善したところも多いのですが、心配なのは 2号機の原子炉の状況がむしろ赤印となり悪化していることです(下記)。

Iaea_42_2

|

« 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が約800億円の損失 | トップページ | 最悪の事態の想定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が約800億円の損失 | トップページ | 最悪の事態の想定 »