« 日本を代表する原子力学者たちの提言 | トップページ | 決算承認 »

2011年4月17日 (日)

ぐんま観光特使

先日ぐんま観光特使の方にお会いしました(『この方』です)。特使には、県人口1万人分の1の割合である202人が選ばれていると言います。

「特使」のほかに群馬県出身のタレント中山秀征さんと井森美幸さんが「ぐんま大使」に就任しています(『こちら』)。

       Gunma

群馬県は今回の地震と原発事故で少なからず被害を受けました。観光も大変だと思いますが農業も被害を受けたのです。

しかし4月8日、それまで出荷停止となっていた県産ホウレンソウとカキナについて、県は、放射性物質が3週連続で基準値を下回ったとして、出荷停止を解除しました。

大沢正明知事は記者会見で「群馬県の野菜が安全であると報告したい」と発言。なお県は今後も野菜の検査を続けるとしています(『こちら』)。

ところで冒頭の ぐんま特使の方のブログは、群馬県の記事のみならず、食べもの、温泉などの紹介をはじめとして、「最近はメディアの明日や超高齢社会についても考えるブログに・・」との内容になっています。

「高齢社会についても考えるブログ」との切り口から、私の本も紹介して頂いています(『こちら』)。

|

« 日本を代表する原子力学者たちの提言 | トップページ | 決算承認 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本を代表する原子力学者たちの提言 | トップページ | 決算承認 »