« 米国連邦政府の一時閉鎖 (Government Shutdown) | トップページ | 全米ビジネススクールランキング »

2011年4月 9日 (土)

シャットダウンの回避

時計は夜中の11時(米国時間)を回っていました。

「米国連邦政府の一時閉鎖(Government Shutdown)まであと1時間を切った」 ―

間一髪、こうした状況の中でようやく合意が成立。

まさにぎりぎりのところでシャットダウンは回避されました(『こちら』『こちら』)。

                      Blue_room_2

日本の計画停電も(やむを得ないとはいえ)かなり強引なやり方でしたが、

米国の「政府の一部閉鎖(シャットダウン)」も、

(今回は回避されたものの)かなり強烈な手法です。

          Washingtondc

対象となった80万人の連邦政府職員にしてみれば、

「なぜ我々が対象となって、航空管制官など他は対象とならないのか」

との気持ちであったと思います。

政府の本源的な機能とは何か、こういった問題についても考えさせられます。

|

« 米国連邦政府の一時閉鎖 (Government Shutdown) | トップページ | 全米ビジネススクールランキング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 米国連邦政府の一時閉鎖 (Government Shutdown) | トップページ | 全米ビジネススクールランキング »