« まだ観ていない方にお勧め | トップページ | 男気 »

2011年5月27日 (金)

東京の放射線量

毎日、新聞で発表されている東京・新宿の放射線量の数値。

これは、地上18メートルの高さで計測されているものだそうです。

政府によると、これは空間放射線量を計測したものであり、空間放射線量は地上からの影響を避けて、空気中に漂う放射性物質だけを測定するものだから、こうしているとのこと。

しかし我々は地上18メートルの高さを歩いているわけではありません。

放射線量を地表1メートルのところで測りなおすとどうなるでしょう。

公表されている数値よりかなり高くなる、場所によっては、2~5倍になると言います。

たとえば東京都心、溜池交差点付近で、0.128μSv/h(マイクロシーベルト毎時;5月2日の測定値)。

これは、このままの状況が1年続くと、1.12mSv(ミリシーベルト)となり、国際放射線防護委員会の定める一般公衆の年間被曝許容限度(1mSv)を超えてしまうレベルです。

詳しくは『こちら』のサイトをご覧ください。

ところで、以前このブログで石川宏さんのウェブサイトをご紹介しました。石川さんは大手通信会社の研究所所長、ネットワーク部長などを歴任された方(工学博士)。

原発事故が起こる前から、東京(日野市)のご自宅に、ガイガーカウンターを設置して、毎日放射能レベルを検知し、それをブログで発表していました。

この数字が政府が発表する数字とかなり違う(政府の方が格段に低い)ことから、私は以前から変だなと思っていたのですが、やっと上記のような理由であることがわかりました(もっとも石川さんの計測値は原発事故以前から結構高い数値を示しています。この辺の事情はよくわかりません)。

* * * *

さて昨日出版社の編集長の方が来社しました。

41hst33l0rl__ss500_

「今度こういった本をつくりました」

ということで編集長からもらったのが、武田邦彦著『原発大崩壊!』

さきほどの放射線量測定のように、「実はこうなっていた」というケースにこのごろよく遭遇します。

(「実は最初から炉心溶融が起きていた」、「海水注入は実は継続していた」などなど)。

我々は自分で情報を収集し、自分で考える必要があります。

そういった意味で一読の価値ある本だと思いました。

|

« まだ観ていない方にお勧め | トップページ | 男気 »

コメント

水戸市で他の関東6都県より2倍近い放射線量を観測しているのは、ここでは地表から3.5メートルの地点で観測しているからだと言いますね。赤ちゃんの生活圏は、地表から1メートル以内だそうですから、観測地点は低ければ低い方がいいはず。
都内の公園の砂場から高濃度のセシウムが検出されたのも、砂場という、ほぼ地表と同じ高さ故のことでしょう。

投稿: 神保町 | 2011年5月30日 (月) 11時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« まだ観ていない方にお勧め | トップページ | 男気 »