« 豪ドル vs. ブラジル・レアル | トップページ | アンドリュー・メイソン at D9 »

2011年6月 1日 (水)

フェイスブック誕生の話

マーク・ザッカ―バーグといえば、ビル・ゲイツやバフェットとともに、2010年12月、「個人資産の半分は寄付する」と誓約したことで知られています(『The Giving Pledge』)。

それより3か月前の2010年9月、彼はニュージャージー州ニューウォーク(Newark)市の教育制度・機関(Newark’s school system)に1億ドル(81億円)を寄付しています。

Mz_2

先月(2011年5月)、NewSchools Venture Fund の Summit 2011 でマーク・ザッカ―バーグとクライナーのジョン・ドアが教育について語り合いました。

「教育における革新と起業家精神(Innovation and Entrepreneurship in Education)」と題して2人が語る(約1時間)というものでした。

トークが始まって10分後くらいから25分後くらいまでの約15分間、マーク・ザッカ―バーグ自身がフェイスブックの誕生について話しましたが、これも結構面白いと思いました。

彼は小学校6年くらいからPCをいじり始め、7年(日本でいう中学1年)のころにはプログラムを書いていた・・。

最初はゲームのプログラムで、映画スターウォーズの影響を受け、ヨダを何とか生かしておくことを主眼としたゲームだったとか・・。

フェイスブックを作っての印象について聞かれると、『How similar people are (人間というのは実はあまり違っていなくて似たりよったりだ)』に気づいたとか・・。

『こちら』で2人が語り合うのを見ることが出来ます(画面の中央に現れる矢印をクリックするとビデオが始まります)。

|

« 豪ドル vs. ブラジル・レアル | トップページ | アンドリュー・メイソン at D9 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 豪ドル vs. ブラジル・レアル | トップページ | アンドリュー・メイソン at D9 »