« 老人ホームはいったい幾らかかると見積もればよいか | トップページ | 2009年の第三者委員会 »

2011年11月 9日 (水)

伝記

『リード(注:ジョブズの長男)は、4人1組で争うローカルテレビのクイズ番組に、高校の同級生と参加したことがある・・・・

まず、大人になったらなにになりたいかと司会者がたずねる。

「がんの研究者です」

がリードの答えだった。』

* * * * *

(ジョブズの幼年期)『(小学校)4年生が終わるころ、ヒル先生がジョブズに知能検査を受けさせたところ、高校2年生レベルの成績だった。

この結果、ジョブズの知能が並はずれていると学校側も認め、4年生が終わったら7年生へと2年飛び級したらどうかと驚くような提案をしてきた・・・

ジョブズはいじめられることが多く、7年生の半ば、両親に最後通告をつきつける。

「もっといい学校に行かせてくれって頼んだ」

そのためにはお金がかかるが、そのころジョブズ家はかつかつの生活をしていた。しかし、ジョブズの要求をけるという選択肢はなかった。

「難しいって言われたけれど、だったらもう学校に行かないって宣言したんだ。そうしたら、どこがいいかいろいろと調べ、2万1000ドルもお金をかき集めて、もっといい地域に家を買ってくれたよ」』

* * * * *

(ジョブズの発言)『IBMやマイクロソフトのような会社が下り坂に入ったのはなぜか、僕なりに思う理由がある。いい仕事をした会社がイノベーションを生み出し、ある分野で独占かそれに近い状態になると、製品の質の重要性が下がってしまう。

そのかわり重く用いられるようになるのが、“すごい営業”だ。売り上げメーターの針を動かせるのが製品エンジニアやデザイナーではなく、営業になるからだ。

その結果、営業畑の人が会社を動かすようになる。

IBMのジョン・エーカーズは頭が良くて口がうまい一流の営業マンだけど、製品についてはなにも知らない。

同じことがゼロックスにも起きた・・・

・・・

・・・スタートアップを興してどこかに売るか株式を公開し、お金を儲けて次に行く ― そんなことをしたいと考えている連中が自らを「アントレプレナー」と呼んでいるのは、聞くだけで吐き気がする。

連中は、本物の会社を作るために必要なことをしようとしないんだ・・・

1世代あるいは2世代あとであっても、意義のある会社を作るんだ。それこそウォルト・ディズニーがしたことだし、ヒューレットとパッカードがしたこと、インテルの人々がしたことだ・・・

・・・

・・・僕はまわりに厳しくあたった。あそこまで厳しくなくてもよかったんじゃないかとも思う。

社員をひとりクビにした日、6歳のリードが家に帰ってきたときに

「今日、失業したんだと家族や小さな息子に話さなきゃいけないなんて、彼はどういう思いをするんだろう」

って考えてしまった。

つらかったよ。でも、誰かがやらなきゃいけないんだ。チームをすばらしい状態に保つのは僕の仕事だとずっと思ってきた。僕がやらなきゃ誰もやらないからだ』

* * * * *

この伝記(『スティーブ・ジョブズ I』『スティーブ・ジョブズⅡ』)が幅広く読まれるのは、等身大のジョブズを描いているからのように思えます。

そこには悩み苦しむジョブズがおり、家族の愛があり、生と死の物語があります。

|

« 老人ホームはいったい幾らかかると見積もればよいか | トップページ | 2009年の第三者委員会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 老人ホームはいったい幾らかかると見積もればよいか | トップページ | 2009年の第三者委員会 »