« ラジオ番組:自分年金をつくる | トップページ | G線上のアリア »

2012年3月31日 (土)

半年間、ありがとうございました 【ラジオ番組「集まれ!ほっとエイジ」】

昨年10月1日にスタートしたラジオ番組「集まれ!ほっとエイジ」は今日でちょうど半年目を迎えました。

とりあえず今日が一応の最終回となります。

番組プロデューサーの相川さんは「パワーアップしてリニューアルしたい」と話していますので、1~2ヶ月のうちにまた装いを新たにした番組でお目にかかれるかもしれません。

思えば昨年のクリスマスイブ(12月24日)も大晦日(12月31日)も土曜日で番組の放送日でした。

長い間お付き合い頂いたみなさん、ほんとうにありがとうございました。

さて最終回の今日は「自分年金をつくる」の3回目。

そもそもなぜ「自分年金をつくる」ことが大事なのでしょうか。

政府は、税と社会保障の一体改革と言っていますが、現在の日本では65歳以上の人が全人口の23%を占めます。

これが2055年には、65歳以上が41%に達します(『こちら』)。

1人の高齢者を1.3人が支える時代になるわけで、これから先、今のような公的年金を維持するのが難しくなります。

したがって、自分の生活を自分で守るためにも、公的年金プラスα(たとえば月7万円くらい)の自分年金を確保することをお勧めします。

60歳から95歳まで自分で自分に対してたとえば月7万円を払っていくとすると、60歳の時点で3,000万円近いお金が必要になります(7万円×12か月×35年=2,940万円)。

企業に勤めている人がもらえる退職金の平均給付額は2,300万円ですので、あと700万円で3,000万円に届きます。

なお自営業、個人事業の方々は、サラリーマンと違って定年がありませんので、必要な老後の資金をつくれるまで働き続けるというのが、現実的な方法です。

さらに自営業、個人事業の方々は、「小規模企業共済」という退職金を積み立てていくような制度があります(税法上のメリットあり)ので、こうした制度をうまく利用して、ご自分で退職金に見合う資産を積み立てていくことをお勧めします。

一方、サラリーマンの方の資産形成、もしくは自分年金をつくる方法としては:

【1】個人年金保険とか、積み立て型の終身保険

【2】コツコツ預金を積み立てていく方法

【3】(ある程度年収のある人は)収益用不動産をもって節税

【4】手数料のほとんどかからないETF(上場投資信託)への投資

【5】グローバル企業への投資

などを検討してみてはいかがでしょう。

最後の【5】ですが、日本はすでに人口が減少に転じ、しかも怒涛のように高齢化の波が押し寄せています。

このため日本というマーケットに投資をして長期的にリターンを上げていくのはなかなか難しいのですが、一方で、世界に目を転ずると状況は違ってきます。

現在、新興国を中心に世界の人口は毎年7,500万人のペースで増えています。

70億人の世界の人口は、いまから28年後の2040年には、90億人に達すると予想されているのです。

とくに新興の国々では、人々の豊かになりたいという願望が経済を成長させる原動力になっています。

その成長の波に乗る―すなわち世界市場の成長を取り込もうとしている企業に投資するのは、理にかなった投資戦略だと思います。

世界市場の成長を取り込もうとしている企業とは、具体的にはどういった先でしょうか。

たとえば世界でハンバーガー・チェーンの店舗網を展開するマクドナルド。 世界117か国に店があり、毎日6,400万人の人がマクドナルドの店を訪れています。

実に日本の人口の半分以上の人が毎日、マクドナルドの店にやってきているのです。

牛を崇拝の対象とするヒンズー教徒の国、インドにさえも、マクドナルドのチェーン店があります。

この結果、マクドナルドの売上げは、その66%が米国以外の国で上げられるに至っています。

一方、同じ牛肉を扱うファースト・フードの店、牛丼の吉野家。

こちらも海外事業に注力しようとしていますが、海外売上高は全体の10%未満。

このため吉野家ではそもそも海外部門の情報が公表されずに非開示になっています。

もちろん日本企業のなかにもキャタピラーの競合相手であるコマツ(海外部門の売り上げが会社全体の81%を占める)だとか、

プロクター・アンド・ギャンブルの競合相手ユニチャームなどのように、

世界市場の成長を取り込む体制を整えてきている先もどんどん出てきています。

なお番組ではこのほか米国株の買い方などについてもお話ししました。

詳しくは是非番組をお聞きになってみてください。

こちら(日経ラジオ)のサイトをクリックすると出てくる下記ボタンの「聴く」を押してください。(下記ボタンをいきなり押してもリンクされていません。必ず『こちら』をまずクリックしてください)

331

なお iTunes でも聞けます(無料です)。 『こちら』です。

|

« ラジオ番組:自分年金をつくる | トップページ | G線上のアリア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ラジオ番組:自分年金をつくる | トップページ | G線上のアリア »