« 高橋洋一の『「借金1000兆円」に騙されるな!』 | トップページ | 含み損をどうやって解消すればいいのか »

2012年4月16日 (月)

孤立死

3月6日のブログでご紹介した興銀出身の槇原さん(『こちら』)。

ニューヨークタイムスのサイトの中で彼女の名を検索したら120件も出てきました。

日本よりも米国で名前が知られている日本人の一人なんでしょうね。

120件すべてが槇原さんの書いたものではないのでしょうが、ここ1年だけでも寄稿した記事が8件。

あらためて Op-ed Contributor (『こちら』)が米国のマスコミでは存在感を持つことを実感させられます。

最近の彼女の投稿は孤立死についてのもの(4月9日付け;『こちら』)。

        Nyt_2

本来暗く陰鬱な話題ですが、それをさらりと読ませてしまうところがライターとしての才能なのでしょうね。

記事の中に出てくる13歳の息子さんですが、カザフスタン出身のadopted son であることを他の記事(『こちら』)を読んでいて初めて知りました。

Yataro 君。 将来は岩崎弥太郎のような大きな人物になって欲しい、そんな思いが感じられる名前です。

|

« 高橋洋一の『「借金1000兆円」に騙されるな!』 | トップページ | 含み損をどうやって解消すればいいのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高橋洋一の『「借金1000兆円」に騙されるな!』 | トップページ | 含み損をどうやって解消すればいいのか »