« フェイスブックのIPO | トップページ | 巧妙な会計処理(Accounting Ingenuity) »

2012年5月13日 (日)

皇居東御苑

皇居ランニングの際に大手門が開いていたので中に入って皇居東御苑(『こちら』)を散策してきました(御苑のなかは走れません)。

広さ21万㎡というので東京ドーム4つ半分。

木々の緑が鮮明で鳥の鳴き声も聞こえます。

都心の真ん中にこんなに静かなところがあることを知りちょっと驚きでした。

松の大廊下というと、浅野内匠頭長矩の吉良上野介義央への刃傷事件(1701年「元禄14年」)の場所。

この事件がやがて赤穂浪士討ち入りへとつながっていきます。

この松の大廊下跡も東御苑内にあります。

東京に住んでいながら皇居東御苑にはまだ行ったことがないという方にとって、東御苑は一度は訪れてみる価値ありの場所だと思います。

|

« フェイスブックのIPO | トップページ | 巧妙な会計処理(Accounting Ingenuity) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フェイスブックのIPO | トップページ | 巧妙な会計処理(Accounting Ingenuity) »