« GIS | トップページ | 古代エジプト美術館創設 »

2012年11月19日 (月)

失意のどん底にある者はやがてよみがえり、得意の絶頂にある者はやがて落ちる (ホラティウス『詩論』)

投資家ウォーレン・バフェットが師と仰いだベンジャミン・グレアム。

彼の著書 『証券分析』 (デビッド・L・ドッドとの共著)の第1版(1934年版)の最初に出てくる言葉が、

ホラティウス『詩論』のこの言葉です(日本語翻訳は 関本博英、増沢和美の両氏)。

『失意のどん底にある者はやがてよみがえり、得意の絶頂にある者はやがて落ちる』

                           Horatius    

                      (ホラティウス; BC 65年~BC 8年)   

英語の原文ですと、

Many shall be restored that now are fallen and many shall fall that now are in honor.

- Horace, Ars Poetica

となっていて、日本語訳の方が頭に残ります。

脱線しますが、「ホラティウスは本当にこの言葉を言ったのか」という質問がかつて米国版Yahoo! Answers に載りました(『こちら』)。

答えは Yes で、 'Ars Poetica' of 'Epistle to the Pisos' の Line 70 に

Multa renascentur quae iam cecidere, cadentque quae nunc sunt in honore vocabula 

とあるとか・・・。

* * * * * * * * * * * *

               Security_analysis

グレアムは上記の本の中で次のように述べています。

「株式市場は短期的には人気投票のように振る舞うが、長期的には体重計のように本質的なところに落ち着く

in the short term, the stock market behaves like a voting machine, but in the long term it acts like a weighing machine 」

経済学者のケインズもまた株式投資には美人投票の要素があるとの言葉を残しています(『こちら』)。

たとえ彼らの教えを頭で理解しても、現実の世界では、株式の本源的な価値を見抜く力を磨くことが必要になってきます。

さらに、短期的な人気投票の結果が是正されるのを待てるか、人気投票の結果に惑わされないかということも、投資の世界では重要になってきます。

* * * * * * * * * * * *

グレアムはこのほかにも含蓄ある多くの言葉を残しています(英語のままですみません)。

  • The investor's chief problem - and even his worst enemy - is likely to be himself.

  • Most businesses change in character and quality over the years, sometimes for the better, perhaps more often for the worse. The investor need not watch his companies' performance like a hawk; but he should give it a good, hard look from time to time.

  • Basically, price fluctuations have only one significant meaning for the true investor. They provide him with an opportunity to buy wisely when prices fall sharply and to sell wisely when they advance a great deal. At other times he will do better if he forgets about the stock market and pays attention to his dividend returns and to the operating results of his companies.

|

« GIS | トップページ | 古代エジプト美術館創設 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« GIS | トップページ | 古代エジプト美術館創設 »