« 世界一短い手紙 | トップページ | 埼玉大学教養学部 グローバルビジネス論 »

2013年1月 9日 (水)

ポケットモンスター

iPhone などのスマホでゲームをする人が増え、ずっと元気のなかった任天堂の株価。

2007年には一時 71,900円(終値ベース)を付けましたが、いまでは8分の1の 8,700円。

もう10年以上も前ですが、投資家説明会で山内前社長にお会いしたことがあります。

席上、ある投資銀行の株価アナリストがこう質問しました。

「任天堂はキャッシュ(現預金)を多く持ち過ぎているのではないか。企業買収とかにキャッシュを使ったらどうか」

これに対して、山内さんはこう答えていました。

「うちはゲームの会社です。ヒット作は何年に1回しか出ない。次のヒット作が出るまでは耐えないと・・・。キャッシュはそのために必要です。株主のみなさんも、うちのことを理解して、次のヒット作が出るまで一緒に待ってほしい」

さて元気のなかった(失礼!)任天堂ですが、3DSの国内累計販売台数が400万台を突破。ここ2週間で100万台のハイペースだとか・・(『こちら』)。

人気ソフト「マリオ」と「モンハン」の効果とのことですが、今年10月には『ポケットモンスター X・Y』も発売になります。

この『ポケットモンスター X・Y』。

公式プロモーションビデオが昨日公開されました。

『こちら』です。

これはちょっと期待できそうです。

|

« 世界一短い手紙 | トップページ | 埼玉大学教養学部 グローバルビジネス論 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世界一短い手紙 | トップページ | 埼玉大学教養学部 グローバルビジネス論 »