« ピーター・ドラッカーの意見 | トップページ | キプロスショック »

2013年3月15日 (金)

オトバンク

値段が高い(3,000円+税)ので、おそらく一般向けというわけではないのでしょう。

『ケースで学ぶ 実戦 起業塾』

冒頭(4頁)に出てくる「起業は決してギャンブルではない」という至言が目を引きます。

      Case

そしてこの本に出てくる最初のケース(『ケース1-1』)がオトバンクです。

* * * *

2004年に設立されたオトバンクは、非音楽の音声コンテンツにフォーカスしたサービスを提供する会社。

ウェブサイトは『こちら』です。

Oto

『ケースで学ぶ 実戦 起業塾』によると、この種の事業分野へは、

「少なくとも新規の企業で4社、株式公開企業の新規事業として2事業、出版社の関連事業として2事業がトライしている。

しかし、2010年7月現在、すでに半分以上の企業が撤退しており、残った企業の中でも、トップシェアを持つオトバンクと他社との差は大きく開いている」 (本書25-26頁)とのこと。

* * * *

ところで、オトバンクが提供する「新刊ラジオ」。

こちらで拙著「65歳定年制の罠」を取り上げて頂きました。

矢島雅弘さんの流れるような語り口が心地よく、ひじょうに楽しく聞くことが出来ます。

ぜひお聞きになってみてください。

『こちら』をクリックします。

Radio_2

するとこのページ(↑)が出てきますので、ラジオを聴くのボタンを押してみてください。

|

« ピーター・ドラッカーの意見 | トップページ | キプロスショック »

コメント

はじめまして、ブログ楽しく読ませて頂きました。
めん好きのこなゆきと申します。よろしくお願いします。
『ケースで学ぶ 実戦 起業塾』読んでみたくなりました。
値段が、、、
悩みどころです。
ここでケチったら起業失敗しますかね?(笑)

投稿: こなゆき | 2013年3月18日 (月) 20時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ピーター・ドラッカーの意見 | トップページ | キプロスショック »