« CEOの辞任 | トップページ | 売上が1割落ちるだけで株価が半分になることがなぜ起こりえるのか »

2013年9月11日 (水)

雑誌「プレジデント」

米国に行き昨晩日本に戻ってきました。

今回行ったのは西海岸。

早いものでリーマンショック(2008年9月)から、もうすでに5年。

西海岸では住宅価格も上がり始め、人々の暮らしも漸く改善してきたように感じられました。

Rimg10131_3

(南カリフォルニア・オレンジ郡の街並み;広い道路、青い空)

Rimg10081

(オレンジ郡Fashion Islandにある電気自動車テスラのディーラー)

Rimg10101

(上記のモデルS車の販売価格は約11百万円)

さて、私が米国にいる間、日本で 9日(月)の日に 「プレジデント」 が発売されました。

          Pre9     

この最新号の 「プレジデント」 84~85頁に「TVドラマ半澤直樹」に関する記事が載っています。

編集者の方たちがこの記事のインタビュー取材のために私のオフィスに来られたのは8月20日。

ちょうどテレビドラマ第1部の大阪編(7月7日テレビ放映の第1話~8月11日放映の第5話まで)が終わったところでした。

ドラクエなどのゲーム風に言えば、ステージ1を戦ってクリアし、ワンナップして、いよいよこれから東京編へと進み、「ラスボス」大和田常務に挑もうとしているところ。

「人気ドラマに関して取材を受ける」というのは、私にとっては初めてのことでしたが、なかなかどうして楽しいインタビューになりました。

このインタビュー記事の全文は「こちら」でもご覧になれます。

そう言えば、今回米国へ向かう飛行機のなかで読んだのが『ロスジェネの逆襲』

         Photo_2

現在放映中のテレビドラマ「半澤直樹」東京編の続編にあたるものです。

ネタバレになっては申し訳ないので、ここではこれ以上書きませんが、営業2部次長の後、半沢はM&Aのアドバイザーの仕事に就くことになります(あくまでも小説での話です)。

彼が大阪の支店で融資課長をやる前のポストが本店審査部。

私も興銀時代に本店審査部→営業3部(融資課長)→企業投資情報部(M&Aのアドバイザー)と動きましたので、なんとなく親近感がわきます。

それにしても前回(第8回)の平均視聴率が関東32.9%、関西32.7%だとか・・(『こちら』)。

テレビドラマがこれだけヒットしたので、TBSは、ほぼ間違いなくこの後「半沢直樹2」もテレビドラマもしくは映画にするんだと思います。

半沢が今回のステージでラスボスをどう倒すのかとともに、次ステージ(M&Aのアドバイザー)での活躍ぶりも早く見てみたい気がします。

半年ほど前のことですが、TBSの幹部の方とお話ししていたら「社内では‘振り向けばテレ東’と言われているんです」と自虐ネタを披瀝されていましたが、今やTBSは半沢のヒットで快進撃中。

何があるか分からない。これだからビジネスの現場は面白いんだと思います。

|

« CEOの辞任 | トップページ | 売上が1割落ちるだけで株価が半分になることがなぜ起こりえるのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« CEOの辞任 | トップページ | 売上が1割落ちるだけで株価が半分になることがなぜ起こりえるのか »