« 人工光合成 | トップページ | 「親が知らない 今どきの大学」 »

2013年11月12日 (火)

賢者は幸福ではなく信頼を選ぶ。

村上龍の『賢者は幸福ではなく信頼を選ぶ。』

   Photo_2

18篇のエッセイが収められています。

うち17篇は「Men's JORKER」誌2012年7月号~2013年11月号に掲載されたもの。

以前にこのブログ(2012年5月30日付「人を突き動かし、考えさせるもの」)でご紹介した『櫻の樹の下には瓦礫が埋まっている。』の続編にあたります。

読み終えた後。

今でも鮮明に情景が頭に残っているのが、第14篇の「父の葬儀の夜に」。

88歳の父の葬儀を終えた後の夜。

これといって何をする気にもなれずに、ただ一人でウィスキーを飲む・・

そして著者が小学生の頃に父と観た映画「アルジェの戦い」。

このDVDを、ウィスキーを飲みながら見て、かつて父にこの映画の「主人公、アリを思い出せ」と言われたことを思い出す・・

* * * * * * * *

18篇目のエッセイは唯一の書き下ろしの作品(表題:「賢者は幸福ではなく信頼を選ぶ。」)。

32歳の脱北者、女性兵士の話が鮮烈でした。

(以下、本書196頁より)

『彼女は大切に財布に入れていた一枚の写真をわたしに見せた。 

幼児の写真だった。 

「これは彼の1歳の誕生日で、その1年後、飢えで死んだ」 

32歳だという彼女は、息子が飢えで衰弱していく様子を詳しく語った。 

ありとあらゆる食料が尽き、最後には、松の木の樹皮を煮て食べたそうだ。

樹皮をていねいに剥がし、石で叩いて、そのあと数回煮るのだと言った。

腹はふくれるが、もちろん栄養価はゼロだ。

一人息子が飢え死にしたあと、他に残った家族に食料を送るために、彼女は脱北した。』

* * * * * * * *

政治の本来の目的は「民のため」(Government of the people, by the people, for the people)であるはず。

政治家や高級官僚が、このことを忘れてしまうと、こうした悲劇が起こりえます。

私の親や親戚から聞いた話ですが、日本でも戦争中や戦後直後、「地に生えている雑草を食べた」のだとか・・・

この脱北者、女性兵士の話は、村上龍が小説『半島を出よ』を書くにあたってソウルの脱北者コミュニティに出かけて行き、そこで取材した話だと言います。

『半島を出よ』を読んでみようと思いました。

    Hanntou

|

« 人工光合成 | トップページ | 「親が知らない 今どきの大学」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 人工光合成 | トップページ | 「親が知らない 今どきの大学」 »