« テンバガーを狙え(その3) | トップページ | テンバガーを狙え(その5) »

2014年1月14日 (火)

テンバガーを狙え(その4)

「テンバガーを狙え」とのタイトルで幾つか記事を書いてきましたが、ここで注意点を1つ、2つ・・。

知らない会社の株を買うのはお勧めできません。

証券会社に言われて初めて知った株、知人が勧めるので買った株というのは、往々にして失敗します。

テンバガーを狙うには、なにも、知らない会社の株を買う必要はないのです。

そもそも、あまり知られていない会社の株式は、取引高も少なく、薄商いの中、値を上げやすいのですが、逆に値を下げるのも早い傾向にあります。

もう一つの注意点は企業は変わりうるということ。

このブログでも幾度となく紹介してきた「フィリップ・フィッシャー」によれば、成長企業が駄目な会社に変わってしまう一つの要因は、経営陣の劣化。

彼によれば、

「往々にして成功体験は経営者に悪影響を与える。

ひとりよがりの自己満足や惰性が、以前にあった馬力や創意工夫に取って替わってしまう。

経営陣が交代した時は特に注意が必要だ」

と明快です。

* * * * *

ところで、ユニクロの柳井さんですら数多くの失敗を重ねてきたことは、彼の著書『一勝九敗』を読んでも明らかです。

19

余談ですが、私自身はユニクロが野菜事業に進出した時(2002年)、「いったい何を考えているんだろう」と不思議に思いました。

「ZaraやH&Mが野菜に進出しているのでしょうか? いったいブランドのことをなんと考えているのか」・・と。

しかし失敗してもすぐに軌道修正する「力」が、ユニクロや柳井さんにはありました。

だからこそ株価はエイティー・バガー(80倍)超えを達成してきたのだと思います。

2001年2月、11,000円(分割調整後)を付けていた株価は、1年間で5分の1近くにまで落ち込みました(2002年2月末、2,360円)。

しかしながらその後、見事に復活(2014年1月10日末、41,100円)。

どの会社(経営者)が苦難を乗り越え、どの会社が駄目になってしまうのか・・。

投資家として必要なのはそれを見極める眼力です。

|

« テンバガーを狙え(その3) | トップページ | テンバガーを狙え(その5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« テンバガーを狙え(その3) | トップページ | テンバガーを狙え(その5) »