« テンバガーを狙え(その1) | トップページ | ナイアガラの滝 »

2014年1月 8日 (水)

テンバガーを狙え(その2)

ピーター・リンチがあげた投資家が避けるべき3つの C。

Complacency (自己満足、独りよがり)、Concern (心配)、Capitulation (降伏)。

彼はこのうち、もっとも大切なのは、Complacency (自己満足、独りよがり)を避けることであると説明しています。

そう言うだけあって、彼の本 (『ピーター・リンチの株で勝つ』 )では、マイクロソフト、ドレイファスなどの「テンバガー」(買って10倍になる株)を、「彼自身が逃してしまった」という話がよく出てきます。

驚異的な実績を残したファンドマネジャーでさえ、その実績に満足することなく、逆に数多くのテンバガーを逃してきたことを書き綴る・・・この辺がピーター・リンチらしいところなのかもしれません。

日本でも誰もが知っている株で、実はテンバガーになっている(あるいはそれ以上になっている)ものが結構あります。

最近の例ではガンホー。

スマホでゲームをしない方でも、周りで(たとえばお子さんが)パズドラに夢中になっているのを見たことがあると思います(電車の中でけっこう多くの方がパズドラをしています)。

   File:Puzzle & Dragons logo.jpg

         (Picture from Wikipedia)

「たられば」の話ですが、仮に 2012年2月20日にパズドラが(ガンホーから)配信され始めたとき、面白いと思って翌日ガンホーの株を買ったとします(この日の終値;169,900円。なお以降ガンホーは3回にわたって合計で1万分割していますので、分割調整後16.99円)。

この株をピークの2013年5月14日(高値1,633,000円;分割調整後1,633円)で売り抜けていれば、96倍。

テンバガーどころか、1年3ヶ月でハンドレッド・バガー(100倍株)近くになりました。

2012年2月20日の終値で6株を買っていれば、支払金額は、1,019,400円。翌年3月、株式分割(1株 → 10株)であなたの6株は60株になっていて、その60株が2か月後の5月14日には1株1,633,000円で売れたのですから、9,798万円になっていたことになります。

つまり約100万円が1年3ヶ月で約1億円になったことになります。

Z_3

もちろん、この裏にはピークの1,633,000円(分割調整後1,633円)で買って、現在714円になってしまった(▲56%減)の人もいるのですが・・・。

なおパズドラが配信された翌日にガンホーを買って現在まで持っていたとしたら、(96倍ではなくて)42倍になっています。

|

« テンバガーを狙え(その1) | トップページ | ナイアガラの滝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« テンバガーを狙え(その1) | トップページ | ナイアガラの滝 »