« THE 21 | トップページ | 困難なことをしていないとしたら、あなたは時間を浪費している »

2014年8月 9日 (土)

ヒトの脳まねた半導体

すでに日経新聞(8月8日付)などでも記事になっていました(『こちら』)が、IBMがヒトの脳の情報伝達をまねた半導体を開発したとのこと。

米サイエンス誌で発表されています(『こちら』)。

日経記事によると、

『ヒトの脳の神経細胞は「シナプス」と呼ぶ組織で無数につながり、情報を伝えたり記憶したりする。

限られた大きさにもかかわらず、わずかなエネルギーで複雑な作業をこなす脳を模した半導体チップができれば、人の脳と同等の作業ができるコンピューターが実現するとされる。

IBMの日米の研究所とコーネル大学の研究チームは、100万個の神経細胞と2億5600万個のシナプスを模した回路を持つ半導体チップを試作した…』

先日ご紹介したレイ・カーツワイルの予言する世界(『こちら』)に近づいてきました。

|

« THE 21 | トップページ | 困難なことをしていないとしたら、あなたは時間を浪費している »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« THE 21 | トップページ | 困難なことをしていないとしたら、あなたは時間を浪費している »