« 老人漂流社会 “老後破産”の現実 | トップページ | 舞台裏の話 »

2014年11月16日 (日)

個人が売って、外人が買っている

日経平均が17,000円を超える水準を続けるようになって、胸をなでおろしている個人投資家も多いように思います。

私の周りにも、「昨年5月に高値掴みをして、ずっと含み損を抱えてきた」とか、「小泉政権の頃に買った株がずっと塩漬けになっていた」という人がいます。

こうした人たちにとっては、今回の相場上昇は「やっとのことで巡ってきたチャンス」なのでしょう。

最近の市場では個人投資家の売りが目立ちます。

Photo_4

上図は東京証券取引所が発表しているデータ(『こちら』)をもとに作成したもの。

東証1部の株を誰が買って、誰が売っているかを、投資部門別の売買代金にして表したもの。

単位は億円。

青の棒は、10月27日~31日の週、エンジの棒は11月4日~7日の週のデータ。

左から「個人」、「法人」、「海外」、「自己勘定」です。

数字のゼロから下が売り越し額、上が買い越し額。

2週間続けてマーケットでは、「個人」が売り越し、「海外勢」が買い越していることが分かります。

東証のサイトからはこのようにいろいろなことが分かるのですが、もう少し簡単に概況を知りたいという人には、日経ヴェリタス紙の32頁が便利(日経ヴェリタスのデータはQuick調べ、2市場合計)。

これを見ると、例えば個人投資家と外人投資家の年ごとの売り越し、買い越し額は下記のとおり(▲が売り越し;単位:1000億円)。

     【個人】  【外人】

2014年 ▲24      2

2013年 ▲88     151

2012年 ▲19          28

ここへ来て「外人の買いが目立つ」と言っても、2014年の外人による買いは、2013年に比べると、大したことがないことが分かります。

上記「日経ヴェリタス」のデータには月別の数字も載っているのですが、外人は10月全体で見れば売り越していた(8月も売り越し)ことも分かります。

|

« 老人漂流社会 “老後破産”の現実 | トップページ | 舞台裏の話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 老人漂流社会 “老後破産”の現実 | トップページ | 舞台裏の話 »