« ロシア・ル-ブルの急落 | トップページ | 第三者委員会報告書 »

2014年12月18日 (木)

忍耐強く

昨晩発表された米FOMCのステートメント。

全文は 『こちら』

“the Committee judges that it can be patient in beginning to normalize the stance of monetary policy”

その中でも上記の文章にある patient (忍耐強く) といった新たな表現が好感されて、米株式市場は全面高。

原油もいったん上がって59ドルを超えました。

しかし日本時間18日7時現在はまた下がって55ドル。

Wti1718

ロシアのルーブル(下図は今週に入ってからの動き)も落ち着いてきましたが、これから先、原油の下げ止まりに歯止めがかかるかどうかがポイント。

バーレル50ドルを切るような水準になればまた一波乱ありそうです。

Russia

ドル・円もFOMC前後で117円から(現在の)118円75銭と円安に振れ、シカゴの日経平均先物もかなり上昇(大阪終値を375上回り17,185)していることから、今日の日本株は値を上げて始まるでしょう。

Yen2

ただ原油安と、これに起因するロシアや新興国などの不安は引き続きくすぶっています。

|

« ロシア・ル-ブルの急落 | トップページ | 第三者委員会報告書 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ロシア・ル-ブルの急落 | トップページ | 第三者委員会報告書 »