« NPO法人「医師と団塊シニアの会」 | トップページ | 円安というよりもドル高 »

2014年12月 3日 (水)

最後の一葉

11月22日放送の「リーガル・ハイスペシャル」(堺雅人主演)。

人気TVドラマシリーズ「リーガルハイ」にとって、(ちょっと間が空き過ぎたというか)約1年ぶりとなった “復活” でした。

にもかかわらず、この日の放送は15%を超える高視聴率を記録したのだとか・・

(まぁ、JR渋谷駅に大きなポスターが貼られるとか結構宣伝もしていましたので・・)。

このドラマの面白さは何と言っても古沢良太の脚本と、その脚本の良さを存分に引き出す堺雅人の演技力。

Ll_2

冒頭、病院のベッドに横たわり、深刻な眼差しで窓の外の景色を見つめる古美門弁護士。

「あの最後の一葉が落ちたときはいよいよ私の命も・・」

ところが、この後に続く「どんでん返し」で、思わず笑い転げてしまいます。

* * * *

このシーン、ツイッタ―では「ドラえもんだったか、どこかの漫画で見たことがある」といったコメントが相次ぎました。

意外にもオー・ ヘンリーの名作「最後の一葉」を知らない人が増えているのかもしれません。

* * * *

   Photo_4

岩波文庫の 「オー・ヘンリー傑作選」 には、「最後の一葉(The Last Leaf)」、「賢者の贈り物(The Gift of the Magi)」など20篇が収録されています。

私が子供のころ読んだのは新潮文庫の 「O・ヘンリ短編集」

こちらは1巻から3巻まであります。

   Photo_5

* * * *

スマホもゲームもなかった昔の子どもの方が良く本を読んだと言われますが、私も学校の図書館で本を借りては読みふけりました。

オー・ ヘンリーもその一つでした。

* * * *

最近の若い人たちは塾の影響なのでしょうか、もっぱら効率重視。

仕事が忙しく、やっとのことで訪れる休日は休息や気分転換が中心。

「とてもじゃないけれど、オー・ ヘンリーなどを読んでいる余裕がない」という人も多いかもしれません。

* * * *

仕事で効率性を重視するのは当然ですが、「効率的な人生」などというのはありえません。

プロとして仕事を極めようとすることと、人それぞれの人生の意味合いとをどう融合させるのか、最近著 でその辺のところを書いたつもり(第8章~第10章)なのですが・・・。

そう言えば「最後の一葉」それ自体が、自らの命を犠牲にしてまで最高傑作(masterpiece)を描き切った老画家、Mr. Behrman の話でした。

この小説の最後の一節を以下に原文でご紹介します。

The next day the doctor said to Sue: "She's out of danger. You won. Nutrition and care now - that's all."

And that afternoon Sue came to the bed where Johnsy lay, contentedly knitting a very blue and very useless woollen shoulder scarf, and put one arm around her, pillows and all.

"I have something to tell you, white mouse," she said. "Mr. Behrman died of pneumonia to-day in the hospital. He was ill only two days. The janitor found him the morning of the first day in his room downstairs helpless with pain. His shoes and clothing were wet through and icy cold. They couldn't imagine where he had been on such a dreadful night. And then they found a lantern, still lighted, and a ladder that had been dragged from its place, and some scattered brushes, and a palette with green and yellow colors mixed on it, and - look out the window, dear, at the last ivy leaf on the wall. Didn't you wonder why it never fluttered or moved when the wind blew? Ah, darling, it's Behrman's masterpiece - he painted it there the night that the last leaf fell."

|

« NPO法人「医師と団塊シニアの会」 | トップページ | 円安というよりもドル高 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« NPO法人「医師と団塊シニアの会」 | トップページ | 円安というよりもドル高 »