« 英語を身につける | トップページ | 不動産 過熱の先 »

2015年8月 9日 (日)

日仏の文化交流進める元銀行員

ほぼ月1回のペースで『日経ヴェリタス』に「Money Never Sleeps」というコラムを連載しています。

このコラムの第6回は、今週号の『日経ヴェリタス』 (本日発売)に掲載されています。 Mns

第6回のコラムはこんな始まりです。

* * * * * *

『来年のサミット(主要国首脳会議)の会場となることが決まった伊勢志摩。 

一昨年のことであるが、伊勢神宮では、1300年にわたって続けられてきた20年に1回の大祭、式年遷宮が執り行われた。  

そして昨年、伊勢の皇學館大学に日仏を代表する文化人が集まり、「日仏シンポジウム」が開かれた。  

1960年、フランスの作家であり政治家でもあったアンドレ・マルローは、ド・ ゴール政権下の文化担当大臣として来日。 

昭和天皇に謁見し、陛下の「なぜ、古き日本に興味をお持ちか?」との質問にこう答えた。 

「騎士道を興した民族である我々にとって、武士道が無意味であるはずがありましょうか?」 

マルローが残した「ルーツとルーツの対話」の理念。 

これをテーマとした「日仏シンポジウム」を昨年伊勢で主催したのは、フランスの笹川日仏財団。 

理事長を務める冨永重厚さん(73)は、かつて日本興業銀行(興銀、現みずほ銀行)のパリ支店長を務め、銀行を退職した今もパリに住んでいる。  

* * * * * 

私が大学を出て興銀に入行した時の最初の配属先は外国為替部。 

このときの上司がフランス留学帰りの冨永さんだった。。。』

             8961_24

宜しかったら続きをヴェリタス紙面でご覧になってみてください。

* * * * * *

Photo_4

* * * * * *

次回、第7回の「Money Never Sleeps」は10月11日発売の『日経ヴェリタス』に掲載の予定です。

|

« 英語を身につける | トップページ | 不動産 過熱の先 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 英語を身につける | トップページ | 不動産 過熱の先 »