« これからの自動車産業 | トップページ | 一人一冊 »

2015年10月31日 (土)

I hear you've been quoted

初めて会う人に、気の利いた一言を言うことが出来れば、会話はスムーズに運ぶし、好印象を残すこともできます。

JPモルガン時代の話。

『ニューヨークからトレーディング部門のヘッドが(東京に)来ているので会って欲しい』と上司に言われ、トレーディングフロアに行きました。

ハローと握手をすると、開口一番、彼の口から出た言葉が、

『I hear you've been quoted』

一瞬、何のことかと思いましたが、その日の朝の新聞に私のことが少しだけ出ていたので、そのことかと気付きました。

このように、米国の会社で上層部まで上がっていく人は、多くの場合、

(1)情報が早い(注:彼は日本語を話すわけでもなく、新聞記事の情報はどこかで仕入れたに違いない)

(2)人と会う時にはあまり考えずに漫然と会うのではなくて、ちょっとした準備をしている

といった傾向にあるように思います。

ニューヨークのトレーディング部門のヘッドにしてみれば、東京の投資銀行部門にいる日本人など、さほど重要ではないはず。

にもかかわらず、きちんとした準備で臨み、一方、私の方はと言うと、

彼のことについて「ニューヨークの偉い人」くらいの事前準備しかしていなかったものですから、まさに一本取られた格好でした。

ところで、 You've been quoted とは文字通り、「引用されていたね」といった意味の英語。

日本人なら「新聞に出ていたね」といった会話になるのでしょうが、「出ていた」では曖昧。

やはり英語(とくにビジネスの場合)はこの辺、きちんとしていて、「引用されていたね」といった表現になるようです。

* * *

なおこの話には後日談があります。

このとき新聞に記事を書いたのは日経の坂本記者。

現在は日経ヴェリタスの編集長になっていて、日経CNBCテレビの「日経ヴェリタストーク」でたびたびご一緒しています。

今年の5月、番組収録前の打合わせで16年ぶりにお会いした時、坂本編集長は16年前のこの記事を持参していました。

「人と会う時にちょっとした準備をする」

モルガンのトレーディング部門ヘッドだけでなく、坂本編集長にも、私は一本取られた格好のままになっています。

下の写真がこのときの記事(1999年4月15日付、第一面)。

1999415_2

記事はクリックすると大きくなりますが、最後の方が切れています。

全文は『こちら』でご覧になれます。

|

« これからの自動車産業 | トップページ | 一人一冊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« これからの自動車産業 | トップページ | 一人一冊 »