« 米国防総省も期待する「スマート下着」や「テクニカル繊維」とは? | トップページ | ETF (上場投資信託) »

2015年11月22日 (日)

Money Never Sleeps 第8回

ほぼ月1回のペースで『日経ヴェリタス』に連載しているコラム「Money Never Sleeps」。

第8回(今週号の『日経ヴェリタス』)は、エクイティの力について書きました(以下、一部を抜粋)。

『クレディ・スイスが先月発表したグローバル・ウェルス・レポートによれば、世界には5,000万ドル(62億円)以上の個人資産を持つ人が123,838人いる。

このうち約半数の58,855人が米国にいるという。

アメリカンドリームとは煎じ詰めれば、スコットやビノッドのように巨万の富を得て、社会的にも発言力を増していくことなのかもしれない。

そしてその際に大きな力となるのが「エクイティ(株式)」である』

                  Veritas36

宜しかったらヴェリタス紙面でご覧になってみてください。

* * * * * * * * * * *

ところで、話はヴェリタスの記事とはそれてしまいますが、上掲のクレディ・スイスのグローバル・ウェルス・レポートは、Databookだけで158頁もある大作です(『こちら』でダウンロードできます)。

毎年このレポートは興味深い分析を掲載していて、たとえば昨年版では主要国における所得格差の記事(『こちら』の33頁ほか)が話題を呼びました。

これによると、ロシアでは所得上位10%の人たちが持つ資産が、国民全体の資産の84.8%にも及んでいるといいます。

ロシアを筆頭に、トルコ、香港、インドネシア、フィリピン、タイ、アメリカ、インドといった合計15ヶ国で、所得上位10%の人たちが国民全体の7割以上の資産を握っています。  

日本はどうかというと、所得上位10%の人が握っている資産は48.5%にとどまっているとのこと。

これはレポートの調査対象であった46ヶ国中、ベルギーに次いで2番目に低い水準。

今のところ、日本での経済格差(特に資産格差)は、世界基準よりは低く済んでいるということが分かります。  

とは言っても、これで安心するわけにはいきません。

日本の場合は1人当たりGDP額が世界27位(『こちら』)。

1位(ルクセンブルグ)~4位(スイス)と比較すると半分以下の水準。

しかも1992年以降、過去23年間、あまり増えておらず(1992年、392万円→2015年、394万円)、ほぼ一定の水準にあります。

* * * *

次回、第9回の「Money Never Sleeps」は新年1月3日発売の『日経ヴェリタス』に掲載の予定です。

|

« 米国防総省も期待する「スマート下着」や「テクニカル繊維」とは? | トップページ | ETF (上場投資信託) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 米国防総省も期待する「スマート下着」や「テクニカル繊維」とは? | トップページ | ETF (上場投資信託) »