« 一人一冊 | トップページ | デービッド・アトキンソンの「新・観光立国論」 »

2015年11月 4日 (水)

秋のドラマ

なぞかけのような話ですが、池井戸潤の直木賞受賞作『下町ロケット』の一節(新刊本82頁)。

「虎ノ門にある事務所に神谷を訪ねた・・・

エレベーターで七階に上がり、殺風景なほど飾り気のない小綺麗な通路を歩いていくと、電話が一台置かれているだけの受付がある。

内線番号の一覧表に、登録している弁護士の名前が並んでいた」

と、ここまで読んだだけで、ここがどこの事務所か分かるかどうか。

その道のプロであれば、ひょっとすると、このビルが、多くの弁護士事務所が入居している「虎ノ門法曹ビル」であり、

この事務所とは、同ビル701の 内田・鮫島法律事務所 と分かるかもしれません。(まぁ、そんな人、ほとんどいないかもしれませんが・・・)。

       Photo_2

もっとも著者の池井戸さん自身が「神谷弁護士のモデルとなった弁護士」について発言しています(例えば『こちら』)ので、ネット上ではもうすでにかなり知れ渡っているようです。

中堅中小企業の経営者の方で、ドラマの中の神谷弁護士のような弁護士をお探しの方は、実際にモデルとなった 内田・鮫島法律事務所 に連絡を取ってみてはいかがでしょう。

なお同事務所は、現在では手狭になったとのことで、法曹ビルから虎ノ門ツインビルディングに移っています。

それにしても(と、ここから話はそれますが)、日曜夜のテレビドラマ「下町ロケット」。

視聴率は 16.1、17.8、18.6% と、

回を追うごとに着実に上昇。

NHKの朝ドラを除けば、現在平均視聴率トップに躍り出ています。

半沢直樹と同じ原作者、脚本家、演出者(放送局も放送時間帯も同じ)。

半沢の場合、最初の3回は、19.4、21.8、22.9%と推移し、

最後の第10話は42.2%を記録しましたが、さて・・。

|

« 一人一冊 | トップページ | デービッド・アトキンソンの「新・観光立国論」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一人一冊 | トップページ | デービッド・アトキンソンの「新・観光立国論」 »