« マイナンバー | トップページ | 『革命的変化を起こしたい』(ラリー・ペイジ~チャーリー・ローズによるインタビューに答えて) »

2015年12月12日 (土)

9年半ぶり

時計の針を 9年半ほど前に戻します。

2006年6月。

このとき自分は何をしていたのか・・。

私は、というと、こんなブログ記事(『こちら』)を書いていました(以下の青字部分;06年6月3日付;リーマンショックの2年前です)。

* * *

【米国発のグローバル・メルトダウンはあり得るのか】 

5月中旬以降、ロシア、中南米、インドなどの株式が急落しています・・ 

約2週間で、ロシア: ▲23% 

       ブラジル:▲15% 

       インド:  ▲15% 

       中国(香港):▲9% 

の下落。

『米国の余剰マネーがこれらの市場から引き上げ始めている』とか、『この先、米国発の株式市場のメルトダウンにつながり始めるのではないか』などといった論調も多く聞こえるようになってきました。

* * *

今あらためて読み返してみると、なにやらそれから先、2年3か月後に来るリーマンショックの前触れを語るような記事でした。

ところで、この2006年6月というのは、実は、米国が前回、最後に利上げをしたときなのです(2006年6月29日;5%→5.25%)。

以降、米国はひたすら金利を下げてきました。

Federal_funds_rate

今回、利上げをするとすると、実に9年半ぶりになります。

米国時間16日(水)には結果が分かります。

マーケットはどう反応するか、最初に開くのは17日の東京(シドニーの方が少し先ですが)です。

|

« マイナンバー | トップページ | 『革命的変化を起こしたい』(ラリー・ペイジ~チャーリー・ローズによるインタビューに答えて) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マイナンバー | トップページ | 『革命的変化を起こしたい』(ラリー・ペイジ~チャーリー・ローズによるインタビューに答えて) »