« 2015国際ロボット展 | トップページ | マイナンバー »

2015年12月 8日 (火)

ノーベル賞受賞者

10日の授賞式を控え、スエーデン・ストオクホルム入りした大村さん、梶田さんの模様が新聞紙上をにぎわしています。

そもそも地元のスエーデン人はこれまでに何人くらいノーベル賞を受賞したのかと調べてみましたら、日本人受賞者数を超える30数名が受賞していました。

トップは米国で300人を超える受賞者を輩出しています。

米国スタンフォード大学のサイトに行きますと、同校のノーベル賞受賞者の頁があります(『こちら』)。

   Stanford

これによると存命者で21名、他界された人を含めると50名。

現在大学で教えている人がノーベル賞を受賞すれば、1人とカウントするのは納得できますが、その昔、大学で学んだというのはどうでしょうか。

スタンフォードによると、かなり厳密にカウントしているとのことで、「怒りの葡萄」で有名なスタインベック(1962年ノーベル文学賞)は、上記のリストには含めていないのだとか・・。

      Steinbeck

彼はスタンフォードに入り、1919年、大学1年のときの英語(日本でいえば「国語」)の授業で、冴えない「C」の成績を取りました。

そして3年後の1921年には中退。

しかしそこから先がスタインベックの偉いところで、今度はジャーナリズムを専攻しようと、2年後の1923年、スタンフォード大学に入りなおします。

それでもやっぱり卒業することはなく、1925年に再度中退。

ということで、残念ながらスタインベックは大学のノーベル賞受賞者リストには登場しません。

|

« 2015国際ロボット展 | トップページ | マイナンバー »

コメント

スタインベックは日本人に愛されてきた作家ですが、文学史の教科書にはよく「人間は精神的な存在であるという伝統的な価値観から脱皮して、生物的な存在ー基本的には人間と動物との間には本質的菜最はないーであるとした斬新な手法が成功した」といったようなことが書かれています。これを【生物学的人間観】というそうですが、スタインベックは卒業こそしなかったものの、作家になる素地はスタンフォードでしっかり身に着けたといえるかもしれませんね。
彼のスタンフォードでの二度目の選考は、海洋生物学!

投稿: 神保町 | 2015年12月16日 (水) 16時51分

島根大学の客員教授である久保田邦親博士らが境界潤滑の原理をついに解明。名称は炭素結晶の競合モデル/CCSCモデル「通称、ナノダイヤモンド理論」は開発合金Xの高面圧摺動特性を説明できるだけでなく、その他の境界潤滑現象にかかわる広い説明が可能な本質的理論で、更なる機械の高性能化に展望が開かれたとする識者もある。幅広い分野に応用でき今後48Vハイブリッドエンジンのコンパクト化(ピストンピンなど)の開発指針となってゆくことも期待されている。

投稿: オートモティブサイエンス | 2017年7月23日 (日) 01時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2015国際ロボット展 | トップページ | マイナンバー »