« ゴルドマンによる来年の見通し | トップページ | 2015国際ロボット展 »

2015年12月 2日 (水)

Soraa と中村教授とコースラ

ビノッド・コースラ のファンド、コースラベンチャーのサイトに行くと、投資先の1つであるSoraa (『こちら』) については簡単に下記のように記述されています。

   Sorra

     (上の写真はSoraaのサイトに掲載されているSoraaのオフィス外観)

『Soraaは窒化ガリウムを積層したGaN on GaNテクノロジーによるLEDによって、照明を並はずれて明るくさせ、かつエネルギー効率を高める。

SoraaのGaN on GaNによるLEDは、これまでの手法によるLEDと比較して、卓越した光の品質(color rendering and beam characteristics)を有する。  

Soraa makes ordinary lighting extraordinarily brilliant and efficient using LEDs built from pure gallium nitride substrates (GaN on GaN™). Soraa’s full spectrum GaN on GaN LED lamps have superior color rendering and beam characteristics compared to lamps using LEDs created from non-native substrates.』

コースラと Soraa との接点は、実は Soraa が2008年に設立される以前に遡ります。

遡ること7年、2001年にコースラが中村修二教授の執筆した窒化ガリウムLEDについての論文を読んだのが契機。

以来、コースラと中村修二教授が議論を重ねてきたと言います。

2014年、中村教授がノーベル賞を受賞した際、コースラはTechCrunchに『地球温暖化によって破滅的な結果がもたらさせることを防ぐために、われわれはもっともっと中村修二のような人物を支援していかねばならない』との趣旨の文章を発表しました(『こちら』)。

 * * * *

その中村教授に 『戦略検討フォーラム』 の片岡さんが今般インタビューをして、それが記事になっています。

世界中で頭脳の争奪戦が繰り広げられるなか、なぜ多くの研究者が米国を目指すか。

これに対する中村教授の答えは、私には意外なものでした。

詳しくは 『こちら』 のインタビューをご覧ください。

|

« ゴルドマンによる来年の見通し | トップページ | 2015国際ロボット展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ゴルドマンによる来年の見通し | トップページ | 2015国際ロボット展 »