« 引き続き予断を許さない | トップページ | 景気は緩やかに回復しているのか? »

2016年2月 2日 (火)

雇用のスパイラル

グーグルの決算が好調で、after hours trading で809ドルをつけました(注:このブログを書いているときの数字)。

結果、時価総額でアップルを抜き去り、世界最大の会社となりました。

12年前に上場した時は初値50ドル。

12年間で16倍になったことになります。

以下は 『ザ・サーチ グーグルが世界を変えた』 に出てくる一節です。

「わずか5人ほどで始まったグーグルも(中略)2000年の終わりには従業員数は150人に達していた。 (中略)どういう人物を雇えばいいか(中略)、ペイジとブリンは兄弟や友人の失敗を繰り返さない決意だった。 

なかでも雇用をめぐるスパイラル現象だけは、絶対に避けたかった。 

雇用のスパイラル現象とはなにか。まず経営者がAクラスと判断した人材を雇ったとする。(中略)そこで経営者は彼に、適任と判断する者を雇うよう依頼する。こうして採用された者が、さらに適任と思う者を採用する。 

しかしこれが続くと、雇用のスパイラル現象という大きな問題が発生する。まずAは自分に刃向ったり脅威にならないような人物Bを選ぶだろう(以下略)」(上記書193頁)。 

先日紹介した 東洋経済新報社の記事 ではグーグルの20%ルールについて書きました。

組織が硬直化、官僚化しないようペイジとブリンの2人は初期の段階から何度も2人で話し、工夫を凝らしてきました。

彼らはデータマイニング(ブリン)やウェブの数学的構造(ペイジ)の分野における天才であるだけではなくて、経営者としても有能であることがマーケットにも知れ渡ってきました。

「破壊しなければ創造が生まれない」として、グーグルという組織をいったん内部から壊し、アルファベットにしたのもその一例でした。

|

« 引き続き予断を許さない | トップページ | 景気は緩やかに回復しているのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 引き続き予断を許さない | トップページ | 景気は緩やかに回復しているのか? »